腰椎(ようつい)

英語名称

lumbar vertebrae(ランバー・ヴァーテブリー)

解説

腰椎は胸椎の下部にある立方骨で5個の椎骨が連なって構成されています。腰椎全体では緩やかに前方へ凸(前弯)しています。
第一~第五腰椎は下部に行けば行くほど椎骨は横に大きくなります。腰椎は椎骨の中でも最も大きい立方骨です。
下に行くほど大きくなる理由はとしては腰椎は胸椎以上に重力や日常生活で掛かる荷重に耐えられる構造でなければならないからです。
各椎骨は左右に伸びる肋骨突起(ろっこつとっき)と後方へと伸びる棘突起(きょくとっき)が特徴で、各椎骨の間には椎間関節があります。
また、最下位の第五腰椎は下方で仙骨と腰仙関節(ようせんかんせつ)を構成しています。
腰椎の椎骨間の椎間板が摩耗して腰椎椎間板ヘルニアになることがあります。悪化すると下肢に痺れや筋力の低下などの症状がでることがあります。
また、腰椎の前弯が大きくなるといわゆる反り腰(そりごし)になり、単に見た目が悪くなるだけではなく、腰椎の分離、すべり症、脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)などの症状を引き起こす恐れがあります。
逆に腰椎の後弯が大きくなると腰椎間の椎間板が摩耗しやすくなるので、いわゆるぎっくり腰、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)を発症する恐れがあります。
腰椎の前弯にせよ後弯にせよ、腹部や腰部の筋肉のバランス(筋力や柔軟性)が狂っていることか原因で起こります。

主に起始する筋肉

広背筋大腰筋小腰筋、胸最長筋、胸棘筋、下後鋸筋、多裂筋、回旋筋

主に停止する筋肉

胸最長筋、多裂筋、回旋筋、腰方形筋

主に構成する関節

椎間関節、腰仙関節

主な傷害

腰椎椎間板ヘルニア、腰椎分離症、腰椎すべり症、下肢や臀部の痛みや痺れ

関連記事

様々な骨と関節

骨と関節の基礎知識

骨や関節のトラブル

KindleBookになりました。

骨や関節のトラブルとその原因

  1. つま先立ちが出来ない!脚の親指が痛い!強剛拇趾とは

    一般的に足の親指が痛いという症状で真っ先に思い浮かぶのは外反母趾(がいはんぼし)だと思いますが、同じ…
  2. 準備運動は必ずしよう!アキレス腱断裂が起こる仕組みとその予防法

    アキレス腱とは下腿部にある下腿三頭筋(腓腹筋、ヒラメ筋の総称)と足根骨の一つ、踵骨(しょうこつ)とを…
  3. 女性ホルモンの関与も!?外反母趾の原因と弊害

    足の親指のトラブルで我々が最もよく耳にする症状と言えば、『外反母趾(がいはんぼし)』ではないでしょう…
  4. 足の裏や指が痛むモートン病、原因や治療方法は?

    モートン病は、足の裏や足の指(第2足趾~第4足趾)にしびれや痛みが伴う神経疾患です。 日頃からつま…
  5. 足の小指にタコやウオノメが繰り返し出来る内反小趾とは?

    足の親指のトラブルで我々がよく耳にする症状と言えば、『外反母趾(がいはんぼし)』ではないでしょうか?…
  6. 足の裏の痛みはどのようにして起こるのか?-ハイアーチ(凹足)-

    ハイアーチ(凹足)とは足の甲が極端に高く、立位の時には土踏まずの部分が地面に接していない状態をいいま…

運営者情報

当サイトの編集長の
佐藤伸一(さとうしんいち)です。
フィットネスクラブ、体育施設、大学などでトレーナーとして18年間活動してましたが、約10年前にカイロプラクターとして第二の人生を歩み出しました。
そして2016年4月に第三の人生を歩み出しました。

姉妹サイト

トレーニングNAVI
http://training-navi.net/
筋肉名称を覚えよう!
http://muscle-guide.info/
フィットネスかわら版
http://f-kawaraban.com/
基礎から学ぶトレーニング理論
http://knowledge-training.com/
トレーニングインストラクターになるには
http://traininginstructor.net/
ページ上部へ戻る