肩こりとは症状の名前の一つで病名とは少し違ったニュアンスを持っています。
肩こりというのは、長時間同じ姿勢をとり続けることで筋肉が緊張してしまい、肩に重さや痛みを感じたりする事を言います。

その感じ方には個人差があり、頻繁に肩こりを感じる方もいれば、全く感じた事がないという方もいます。なので、判断基準がとても難しく、自分自身の肩こりの状態がどの程度酷い状態なのかがわかりずらいという事も問題の一つです。

しかしながら、あまり自覚症状がない方がひとたび肩こりを感じたときはかなり酷い状態になってしまうことが多いので、普段から肩こりを感じてない方でもなるべく早くに対応をした方が良いと思います。

肩こりの原因とは

肩こりが起きる原因としては、幾つか考えられますが、代表的な物としては『長時間不自然な態勢をとり続ける』、『骨盤や身体の歪みが強い』などがあげられます。これらが起因して筋肉が緊張してしまい肩こりや痛みを感じるのです。
仕事などで長年決まった動作や姿勢をとり続ける人は身体の歪みからくる慢性的な肩こりになっていることが多いようです。
同じ姿勢を長くとり続けることで不自然な姿勢のまま固まってしまい、身体に歪みが生じ、その結果として血流の流れが悪くなり筋肉に余計な負担がかかるのです。
肩こりが酷かったり、肩の痛みを感じるのであれば、早めに専門家に診てもらうことをお勧めします。
身体の歪みは人それぞれなのでどのように歪んでしまっているのか、何が原因で歪んでしまっているのかをアドバイスしてもらい自分の身体の歪みパターンを自分自身が把握しておくことはとても大切です。
しかし、歪んでいるパターンを理解したからといっても一度歪んでしまった身体は自力のみで修復する事は困難です。
元々普段の生活の中で生まれてしまった身体の歪みなので、相当に高い意識を持って行ったとしても、自力のみでの修正は難しいと考えられます。
とはいえ肩こりを改善する上では自分自身の心掛けも大きなポイントになります。
自分の生活を見直す事である程度の改善を期待する事ができるのです。

肩こりを改善するうえで気を付けなければならない日常動作

日常で気をつけたい動作は、特に仕事をしている際になるべく同じ姿勢を続けないように心掛ける事です。
仕事の関係上、難しい方もいらっしゃると思いますが、出来る範囲内で構いませんからストレッチや伸びなどで身体を動かすようにして下さい。
例えば仕事が座り仕事なら、少しの合間に背伸びをしてみたり、胸を伸ばしたり、肩を回してあげるのも良いと思います。
また、基本的な座り姿勢として、崩れた姿勢ではなく、なるべくイスに対して深く座るようにし、背筋を伸ばして座るように心掛けるようにしましょう。
仕事の姿勢を気を付けることで肩こりの改善や、他の腰痛や頚の痛みなどの症状にも良い効果が期待できます。
また、身体のバランスを整える事で今まで機能していなかった筋肉が機能し始め、運動動作をはじめ、日常動作でも身体が軽やかに働くようになります。
身体が歪んでいないという事は健康の前提にある大切な条件にもなりえます。

肩こりを改善するためのストレッチ

肩こりを改善する為の有効なストレッチとしては肩甲骨がポイントになってきます。
基本的には下記のとおり肩甲骨を開いたり、閉じたりという事を意識してストレッチ(動的ストレッチ)すると効果が期待できます。

深呼吸エクササイズ

深呼吸エクササイズ

(写真1)ファーストポジション

①両手を前方に差し出し交差させます。
このとき肩甲骨は最大限に広げるように意識します。

深呼吸エクササイズ

(写真2)セカンドポジション

②次に前方に差し出した両手を徐々に後方へ引き、胸を広げながら肩甲骨を最大限に内側に寄せるように意識します。
以後、運動動作を必要回数繰り返します。

肩甲骨と肩は密接に関係しており、肩甲骨周辺が柔らかい方が肩にかかる負担は小さくなります。
前方に手を出す時に大きく息を吐き、そのままスライドして後方に肩を引くときに徐々に息を吸い込み、また前方に差し出す時に息をゆっくり吐き出しながら行います。
その時のポイントとしては、前方に出す際も、後方に引く際もゆっくりとしたスピードで行います。また、あまり無理をせずに軽く動かせる範囲で行う事が大切です。
深呼吸エクササイズを行うことで肩こり予防、改善が期待できるだけでなく筋力の増強や血行の促進にも効果をもたらします。しかしながら完全に肩こりを改善するにはまず、基盤となる身体の歪みを修正する事が大切です。
そして日常の生活の中で、偏って負荷のかかっている事が認識できる場面があるのならば、意識して修正をする必要があります。
そして、もし悪化したり、違和感を感じたりした時はすぐに専門家の方に診てもらいそれ以上に悪化しない様にする事もとても大切な事になります。

KindleBook

Arrow
Arrow
Slider

様々な骨と関節

骨や関節のトラブル

骨と関節の基礎知識

骨や関節のトラブルとその原因

  1. 足のしびれ

    足の痺れや痛みが続く場合は神経が圧迫されている可能性も

    足の痺れ(しびれ)は誰しもが一度や二度は体験したことがあるのではないでしょうか? 特に日本人は古来…
  2. 自分に合わない靴を履き続けることによって起こる様々な弊害

    靴の形や大きさなどが自分の足にあっていないと身体に様々な悪影響を及ぼすことがあります。 特に足先が…
  3. 足トラブルの原因に!開張足とは

    自分でも気がつかないうちに『いつの間にか足にトラブルを抱えてしまっていた』という方は少なくないと思い…
  4. つま先立ちが出来ない!脚の親指が痛い!強剛拇趾とは

    一般的に足の親指が痛いという症状で真っ先に思い浮かぶのは外反母趾(がいはんぼし)だと思いますが、同じ…
  5. 準備運動は必ずしよう!アキレス腱断裂が起こる仕組みとその予防法

    アキレス腱とは下腿部にある下腿三頭筋(腓腹筋、ヒラメ筋の総称)と足根骨の一つ、踵骨(しょうこつ)とを…
  6. 女性ホルモンの関与も!?外反母趾の原因と弊害

    足の親指のトラブルで我々が最もよく耳にする症状と言えば、『外反母趾(がいはんぼし)』ではないでしょう…

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
フィットネスクラブ、体育施設、大学などでトレーナーとして18年間活動してましたが、約10年前にカイロプラクターとして第二の人生を歩み出しました。
そして2016年4月に第三の人生を歩み出しました。

ページ上部へ戻る