カテゴリー:骨や関節のトラブルとその原因

  • つま先立ちが出来ない!脚の親指が痛い!強剛拇趾とは

    一般的に足の親指が痛いという症状で真っ先に思い浮かぶのは外反母趾(がいはんぼし)だと思いますが、同じ部分が痛むものでも外反母趾ではない傷害も存在します。 それが『強剛母趾(きょうごうぼし)』です。 [wc_row…
  • 準備運動は必ずしよう!アキレス腱断裂が起こる仕組みとその予防法

    アキレス腱とは下腿部にある下腿三頭筋(腓腹筋、ヒラメ筋の総称)と足根骨の一つ、踵骨(しょうこつ)とを結びつける腱のことです。 アキレス腱は人体の中で最も強靭な腱で、下腿三頭筋で生まれた力をアキレス腱を介して足関節を動か…
  • 女性ホルモンの関与も!?外反母趾の原因と弊害

    足の親指のトラブルで我々が最もよく耳にする症状と言えば、『外反母趾(がいはんぼし)』ではないでしょうか? ご存知の方も多いかと思いますが、外反母趾は足を上から見たときに、親指のつけ根から内側に折れ曲がり、関節が出っ張っ…
  • 足の裏や指が痛むモートン病、原因や治療方法は?

    モートン病は、足の裏や足の指(第2足趾~第4足趾)にしびれや痛みが伴う神経疾患です。 日頃からつま先の細いハイヒールを履いている方が発症しやすく、また、外反母趾や内反小趾になってしまっている方は特に発症する可能性が高い…
  • 足の小指にタコやウオノメが繰り返し出来る内反小趾とは?

    足の親指のトラブルで我々がよく耳にする症状と言えば、『外反母趾(がいはんぼし)』ではないでしょうか? ご存知の方も多いかと思いますが、外反母趾は足を上から見たときに、親指のつけ根から内側に折れ曲がり、関節が出っ張ったよ…
  • 足の裏の痛みはどのようにして起こるのか?-ハイアーチ(凹足)-

    ハイアーチ(凹足)とは足の甲が極端に高く、立位の時には土踏まずの部分が地面に接していない状態をいいます。 足の甲が高く、盛り上がってることから甲高(こうだか)と呼ばれることもあります。 [wc_row] […
  • 偏平足による機能障害とは?

    足裏には内側縦側弓(ないそくじゅうそくきゅう)、外側縦側弓(がいそくじゅうそくきゅう)、横側弓(おうそくきゅう)と呼ばれる3つのアーチがあります。 足底の骨は全体として距骨(きょこつ)を頂点とするアーチ構造を形成するよ…
  • ランニングをしている人によくみられる下腿の疲労骨折

    突発的な骨折とは別に『疲労骨折(ひろうこっせつ)』と呼ばれる骨折があります。 疲労骨折は【ぽっきり】折れてしまうというような骨折とは異なり、特にスポーツなどで同じ動作を繰り返すことで、骨の一部にストレスがかかり続け、や…
  • 捻挫をしたときの対処と予防方法

    老若男女を問わずに負う事が多い怪我の1つに『捻挫(ねんざ)』があります。 捻挫とは文字通り関節を『捻り挫く(ねじりくじく)』いてしまった状態をいいます。 それにより骨と骨を繋ぐ靭帯や軟部組織が損傷してしまい、患部には…


KindleBook

Arrow
Arrow
Slider

様々な骨と関節

骨や関節のトラブル

骨と関節の基礎知識

骨や関節のトラブルとその原因

  1. つま先立ちが出来ない!脚の親指が痛い!強剛拇趾とは

    一般的に足の親指が痛いという症状で真っ先に思い浮かぶのは外反母趾(がいはんぼし)だと思いますが、同じ…
  2. 準備運動は必ずしよう!アキレス腱断裂が起こる仕組みとその予防法

    アキレス腱とは下腿部にある下腿三頭筋(腓腹筋、ヒラメ筋の総称)と足根骨の一つ、踵骨(しょうこつ)とを…
  3. 女性ホルモンの関与も!?外反母趾の原因と弊害

    足の親指のトラブルで我々が最もよく耳にする症状と言えば、『外反母趾(がいはんぼし)』ではないでしょう…
  4. 足の裏や指が痛むモートン病、原因や治療方法は?

    モートン病は、足の裏や足の指(第2足趾~第4足趾)にしびれや痛みが伴う神経疾患です。 日頃からつま…
  5. 足の小指にタコやウオノメが繰り返し出来る内反小趾とは?

    足の親指のトラブルで我々がよく耳にする症状と言えば、『外反母趾(がいはんぼし)』ではないでしょうか?…
  6. 足の裏の痛みはどのようにして起こるのか?-ハイアーチ(凹足)-

    ハイアーチ(凹足)とは足の甲が極端に高く、立位の時には土踏まずの部分が地面に接していない状態をいいま…

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
フィットネスクラブ、体育施設、大学などでトレーナーとして18年間活動してましたが、約10年前にカイロプラクターとして第二の人生を歩み出しました。
そして2016年4月に第三の人生を歩み出しました。

ページ上部へ戻る