鎖骨(さこつ)

英語名称

clavicle(クラヴィクル)

解説

鎖骨は胸郭上部の前面で水平に位置するS字状の長骨で胸骨と肩甲骨を連結しています。
鎖骨は肩甲骨とは肩鎖関節を構成していて、胸骨とは胸鎖関節を構成しています。

鎖骨は皮下で触れることができ、外部からの衝撃にとても弱い部分でもあります。
このため骨折が起こりやすく、折れてしまうと腕が上がらなくなってしまいます。
また、無理な力が加わったり、姿勢、寝相などの日常動作でも鎖骨の位置がズレてしまうことがあります。

主に起始する筋肉

鎖骨下筋、僧帽筋

主に停止する筋肉

三角筋大胸筋胸鎖乳突筋

主に構成する関節

肩鎖関節胸鎖関節

主な傷害

鎖骨骨折など






運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
都内でトレーナーとして約20年活動し、その後、カイロプラクターとして約10年活動していました。
現在はフリーランスで活動していて主に健康や運動に関する情報を発信しています。

公式サイト:
https://shinichi-sato.info/

ページ上部へ戻る