橈骨手根関節(とうこつしゅこんかんせつ)

橈骨手根関節(とうこつしゅこんかんせつ)

英語名称

radiocarpal joint(レイディオカーパル・ジョイント)

関節の分類

楕円関節(だえんかんせつ)

解説

橈骨手根関節(とうこつしゅこんかんせつ)は手関節(しゅかんせつ)の主な部分で、橈骨下端の手根関節面と近位列の手根骨である舟状骨、月状骨、三角骨が作る関節頭で構成する楕円関節です。

橈骨手根関節の動きには豆状骨(とうじょうこつ)や尺骨(しゃっこつ)は関与しません。
主に掌屈(しょうくつ)-背屈(はいくつ)、橈屈(とうくつ)-尺屈(しゃっくつ)の動き(2軸性関節)を行い、手首をぐるぐる回す描円運動を行うことができます。
関節包は薄く、関節腔(かんせつくう)の形には個人差がある。
また、手首の動きには手根中央関節も貢献しています。

関節の動き

関節の傷害

TFCC(三角線維軟骨複合体)損傷、狭窄性腱鞘炎

関連記事

  1. 股関節(こかんせつ)

  2. 膝関節(しつかんせつ)

  3. 上脛腓関節・下脛腓関節(じょうけいひ・かけいひかんせつ)

  4. 距腿関節(きょたいかんせつ)

  5. 足趾関節(そくしかんせつ)

  6. 椎間関節(ついかんかんせつ)