『以前より身体が固くなってしまった』と感じている方はとても多いのではないでしょうか?
例えば、靴下を履くときに身体が硬くてバランスを崩してしまったり、簡単なストレッチをやろうとしたら全然できなかったりなど日々の生活の中でそれを感じることがあると思います。
しかし、ほとんどの方は身体が固いと感じても、それ以上、考えることもなく、それを改善するストレッチすらしようともしません。

おそらく加齢や運動不足で身体が固くなるのはしごく当たり前のことで、身体が固くても大した問題ではないと思ってしまっているからでしょう。

ROM(関節可動域)とは

一般に身体が硬い人より、身体が柔らかい人の方が身体を動かせる関節の可動範囲は広く、また、広い人の方がそうでない人に比べ、よりダイナミックな動きができ、身体に感じる不快症状も少ない傾向があります。
この関節の可動域のことをROM(ロム)といいます。
ROMはRange Of Motionの略でROMは”身体の各関節が、傷害などが起きないで生理的に運動することができる範囲(角度)のこと”を意味します。
この差を生むのは骨そのもの強度はほとんど関係なく、靱帯・腱・筋肉および関節包がどの程度強固に関節を取り巻いているかによって関節の可動域が大きく左右されます。
これらの構造が柔軟であればあるほどより大きく動かすことができ、強固であればあるほど逆に動きは小さくなります。
一般に身体は柔らかければ柔らかいほど良いと思われがちですが、ROMが過剰までに広すぎると今度は怪我をするリスクが高くなってしまいます。
女性の方に多くみられる関節が”ゆるい”という現象は適性のROMを超えてしまい関節が動いてはいけない方向に異常なまでに動いてしまうというものです。
これをフォローするだけの筋力があればまだ良いのですが、関節がゆるく、その上、筋力がないという状態だと大けがをする可能性すらあります。

反張膝(はんちょうひざ)

反張膝(はんちょうひざ)

例えば反張膝(はんちょうひざ)は身体が柔らかいというよりも関節がゆるくなってしまっている状態なのです。
先天的な問題や(もともと関節に障害があったり)、後天的な問題(やけどなどで皮膚に問題がある場合、脂肪が多すぎる、筋肉が極端に肥大している)があったとしても適度なストレッチを行うことで少しずつ筋肉や腱は柔らかくなりROMは広がっていきます。

しかし、運動をしなければ徐々にROM(関節可動域)は狭くなっていきます。

ROM(関節可動域)の低下でもたらされる弊害

立った状態で前屈(立位体前屈)を行った際、両手が床面につかない人は、ほとんどの場合はハムストリングス(大腿部後面)という筋肉群が硬い傾向にあります。
ご存知の方も多いと思いますが、ハムストリングスの腱の一方は骨盤に付着しているため、ここが固くなってしまうことで骨盤の傾きや脊柱の形にも影響を及ぼします。
ハムストリングスが硬い状態が長期に渡り続くと、筋肉や腱だけでなく、関節まわりの関節包や靭帯までもが固まってしまうため、関節はより硬い状態に陥ります。
特に影響を受けやすいの脊柱の椎間関節です。
脊柱の各椎間関節の可動域は小さいため、動きを意識することはとても難しいので関節の中でも特に硬くなりやすい場所として知られています。
因みに脊柱の椎間関節が硬くなると、腰痛などの発症率はそうでない方に比べ飛躍的に高くなります。
以下にROMの低下でもたらされる弊害を列挙します。

  1. 筋肉、腱、靭帯などの軟部組織に問題が発症し肉離れ、捻挫などを起こしやすくなる。
  2. 血行不良を引き起こし肩や頚、腰などにコリや痛みなどを感じるようになる。
  3. 姿勢が悪くなる。そのことで見た目が悪くなるだけでなく、老廃物や疲労物質の排出が滞ってしまい疲労が溜まりやすくなる。
  4. 日常生活、スポーツなどでスムーズな動きができなくなってしまう。

このようにROMが低下すると関節や筋肉などに大きな負担がかかるようになるのです。

KindleBook

Arrow
Arrow
Slider

様々な骨と関節

骨や関節のトラブル

骨と関節の基礎知識

骨や関節のトラブルとその原因

  1. 足のしびれ

    足の痺れや痛みが続く場合は神経が圧迫されている可能性も

    足の痺れ(しびれ)は誰しもが一度や二度は体験したことがあるのではないでしょうか? 特に日本人は古来…
  2. 自分に合わない靴を履き続けることによって起こる様々な弊害

    靴の形や大きさなどが自分の足にあっていないと身体に様々な悪影響を及ぼすことがあります。 特に足先が…
  3. 足トラブルの原因に!開張足とは

    自分でも気がつかないうちに『いつの間にか足にトラブルを抱えてしまっていた』という方は少なくないと思い…
  4. つま先立ちが出来ない!脚の親指が痛い!強剛拇趾とは

    一般的に足の親指が痛いという症状で真っ先に思い浮かぶのは外反母趾(がいはんぼし)だと思いますが、同じ…
  5. 準備運動は必ずしよう!アキレス腱断裂が起こる仕組みとその予防法

    アキレス腱とは下腿部にある下腿三頭筋(腓腹筋、ヒラメ筋の総称)と足根骨の一つ、踵骨(しょうこつ)とを…
  6. 女性ホルモンの関与も!?外反母趾の原因と弊害

    足の親指のトラブルで我々が最もよく耳にする症状と言えば、『外反母趾(がいはんぼし)』ではないでしょう…

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
フィットネスクラブ、体育施設、大学などでトレーナーとして18年間活動してましたが、約10年前にカイロプラクターとして第二の人生を歩み出しました。
そして2016年4月に第三の人生を歩み出しました。

ページ上部へ戻る