カテゴリー:カイロプラクターのための基礎知識

  • 身体が固い原因とその弊害

    『以前より身体が固くなってしまった』と感じている方はとても多いのではないでしょうか? 例えば、靴下を履くときに身体が硬くてバランスを崩してしまったり、簡単なストレッチをやろうとしたら全然できなかったりなど日々の生活の中…
  • 骨粗鬆症とカルシウムの関係性

    骨は皮膚や筋肉などと同じように常に古い細胞から新しい細胞へと生まれ変わり続けていて、成人では約3年あまりの月日をかけて骨は生まれ変わると言われています。 このとき骨芽細胞(こつがさいぼう)と破骨細胞(はこつさいぼう)と…
  • 背骨が歪む原因とは

    脊柱は文字通り、身体を支える柱の役割を果たしています。 脊柱(せきちゅう)は一般的には背骨(せぼね)と呼ばれていますが、一本の骨ではなく椎骨(ついこつ)と呼ばれる立方骨の集合体で約24個の椎骨が連なって構成されています…
  • 脚長差チェック

    脚長差チェックは主に骨盤の歪みを判断する方法です。 大多数の人に下肢長差がありますが、あまり差が強すぎると身体の至るところに問題が出やすくなるのでなるべく差がないのが望ましいと思います。 脚長差をチェックすることで身…
  • ストークチェック(AS腸骨検査)

    ストークテストは仙腸関節の動きを検査する方法です。 仙腸関節は、関節といってもわずか数ミリしか動くことがなく、一見するとほとんど動いているように思えない関節です。 しかし、仙腸関節は身体を動かしたり支えたりするのに重…
  • これができたら要注意!関節のゆるみをチェック

    一般に『身体が硬い人』と『身体が柔らかい人』では硬い人の方が怪我をしやすく、スポーツは勿論、日常生活の様々な場面で筋肉や関節などに障害を起こしやすくなります。 しかし、『柔らかければ柔らかいほど良い』というわけではなく…
  • 諸悪の根源、筋バランスの乱れとは

    姿勢が悪くなってしまう主な原因は筋バランスの乱れ、すなわち筋力バランスと柔軟性(ストレッチ)バランスが左右、あるいは拮抗筋群との間でとれなくなってしまうことにあります。 その状態をイラストで表したのが図1、図2です。 …
  • 筋バランスが崩れる原因

    筋バランスが崩れる主な原因は怪我や事故などによる後天的なものや、産まれ持った先天的なものを除くと、 生活習慣(利き手・利き足などの存在) アンバランスなトレーニング方法の実施(スポーツ動作などの特異的なも…
  • 正しい姿勢の見極め方

    日常生活動作や様々なスポーツ動作は主に体幹部で作られたパワーを手や足などの抹消部に伝えることによって行われます。(これをキネティックチェーン:動きの連動連鎖といいます) しかしながら何らかの原因で体幹部に問題があると姿…


KindleBook

Arrow
Arrow
Slider

様々な骨と関節

骨や関節のトラブル

骨と関節の基礎知識

骨や関節のトラブルとその原因

  1. 足のしびれ

    足の痺れや痛みが続く場合は神経が圧迫されている可能性も

    足の痺れ(しびれ)は誰しもが一度や二度は体験したことがあるのではないでしょうか? 特に日本人は古来…
  2. 自分に合わない靴を履き続けることによって起こる様々な弊害

    靴の形や大きさなどが自分の足にあっていないと身体に様々な悪影響を及ぼすことがあります。 特に足先が…
  3. 足トラブルの原因に!開張足とは

    自分でも気がつかないうちに『いつの間にか足にトラブルを抱えてしまっていた』という方は少なくないと思い…
  4. つま先立ちが出来ない!脚の親指が痛い!強剛拇趾とは

    一般的に足の親指が痛いという症状で真っ先に思い浮かぶのは外反母趾(がいはんぼし)だと思いますが、同じ…
  5. 準備運動は必ずしよう!アキレス腱断裂が起こる仕組みとその予防法

    アキレス腱とは下腿部にある下腿三頭筋(腓腹筋、ヒラメ筋の総称)と足根骨の一つ、踵骨(しょうこつ)とを…
  6. 女性ホルモンの関与も!?外反母趾の原因と弊害

    足の親指のトラブルで我々が最もよく耳にする症状と言えば、『外反母趾(がいはんぼし)』ではないでしょう…

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
フィットネスクラブ、体育施設、大学などでトレーナーとして18年間活動してましたが、約10年前にカイロプラクターとして第二の人生を歩み出しました。
そして2016年4月に第三の人生を歩み出しました。

ページ上部へ戻る