中足骨・趾骨(ちゅうそくこつ・しこつ)

英語名称

metatarsals phalanges(メタターサルズ・ファランジィス)

解説

足の付け根には舟状骨(しゅうじょうこつ)、立方骨(りっぽうこつ)、楔状骨(けつじょうこつ)をはじめとする7骨の短骨があります。これらを総称して足根骨(そっこんこつ)といいます。

この足根骨の遠位部(指先から遠い部分)にあるのが中足骨(ちゅうそくこつ)です。
中足骨は足の甲と足底(そくてい)を形成し、母趾から小趾までの指の付け根にあたる骨で、第1(母趾側から)~第5 まで5 本の中足骨が存在します。
中足骨(ちゅうそくこつ)より遠位部にはそれぞれ3本の指骨がありますが、母趾だけは例外で2本の指骨しかありません。
足指を形成する趾骨は全部で14個の短骨からなり、それぞれ指節間関節を構成しています。
基節骨間は中足骨と中足趾指節関節(MP関節)を構成し、基節骨と中節骨間の関節は近位趾節間関節(PIP関節)、中節骨と末節骨間の関節は遠位趾節間関節(DIP関節)と呼ばれています。
母趾の末節骨と基節間関節はひとつしかなくIP関節と呼ばれることもあります。

主に起始する筋肉

母趾内転筋短小趾屈筋小趾対立筋底側骨間筋背側骨間筋

主に停止する筋肉

前脛骨筋長腓骨筋短腓骨筋第三腓骨筋長母趾屈筋短母趾屈筋長趾屈筋短趾屈筋長母趾伸筋短母趾伸筋長趾伸筋短趾伸筋短小趾屈筋母趾内転筋母趾外転筋小趾外転筋虫様筋底側骨間筋背側骨間筋

主に構成する関節

リスフラン関節(足根中足関節)、中足趾節関節(MP関節)、近位趾節間関節(PIP関節)、遠位趾節間関節(DIP関節)、母趾の趾節間関節(IP関節)、中足間関節

主な傷害

外反母趾、内反小趾






運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
都内でトレーナーとして約20年活動し、その後、カイロプラクターとして約10年活動していました。
現在はフリーランスで活動していて主に健康や運動に関する情報を発信しています。

公式サイト:
https://shinichi-sato.info/

ページ上部へ戻る