上腕骨(じょうわんこつ)

英語名称

humerus(ヒューメラス)

解説

上腕骨(じょうわんこつ)は上肢を構成する骨の中で最も大きく長い、長管骨(ちょうかんこつ)です。
上腕骨(じょうわんこつ)は別名『管状骨(かんじょうこつ』と呼ばれ、ときに単に『長骨(ちょうこつ)』と呼ばれることがあります。

長管骨の中央部は『骨幹(こっかん)部』と呼ばれ、 両端の膨らんでいる部分は『骨端(こったん)部』と呼ばれています。
その内部には『髄腔』(ずいこう)と呼ばれる空洞があり、この髄腔内には血液を生成する骨髄があります。
上腕骨の近位端(身体から一番近い部分)では上腕骨と肩甲骨の関節窩が肩甲上腕関節(肩関節)という関節を構成していて、上腕骨の遠位端(身体から一番遠い部分)では尺骨・橈骨とで肘関節(腕尺関節・腕橈関節)を構成しています。
肩甲上腕関節は肩甲骨の関節窩に上腕骨頭がはまり込むように構成されているのですが、肩甲骨の関節窩は股関節と比べ、とても浅く、それに対し上腕骨の骨頭が大きいため、関節の結合が緩く、脱臼しやすい場所として知られています。
そのため靭帯だけで肩甲上腕関節の安定化を図るには限界があります。
このためインナーマッスルであるローテーターカフ(回旋筋腱板)を常日頃から強化しておく必要があります。
ローテーターカフは棘上筋棘下筋肩甲下筋小円筋の総称で、これらの筋群を強化することで上腕骨を肩甲骨に引き寄せ、肩甲上腕関節の安定を補助するのです。
また、肩甲上腕関節と肘関節はスポーツで故障することが多い場所としても知られています。
特に使用過多(オーバーユース)で起こる野球肩やテニス肘は有名です。

主に起始する筋肉

上腕三頭筋上腕筋腕橈骨筋肘筋円回内筋回外筋橈側手根屈筋長掌筋尺側手根伸筋など

主に停止する筋肉

三角筋大胸筋広背筋大円筋小円筋棘上筋棘下筋烏口腕筋肩甲下筋

主に構成する関節

肩甲上腕関節(肩関節)、肘関節(腕尺関節・腕橈骨節)

主な傷害

肩関節周囲炎、野球肩、テニス肘など



KindleBook

previous arrow
next arrow
Slider

様々な骨と関節

骨や関節のトラブル

骨と関節の基礎知識

骨や関節のトラブルとその原因

  1. 足のしびれ

    足の痺れや痛みが続く場合は神経が圧迫されている可能性も

  2. 自分に合わない靴を履き続けることによって起こる様々な弊害

  3. 足トラブルの原因に!開張足とは

  4. つま先立ちが出来ない!脚の親指が痛い!強剛拇趾とは

  5. 準備運動は必ずしよう!アキレス腱断裂が起こる仕組みとその予防法

  6. 女性ホルモンの関与も!?外反母趾の原因と弊害




運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
都内でトレーナーとして約20年活動し、その後、カイロプラクターとして約10年活動していました。
現在はフリーランスで活動していて主に健康や運動に関する情報を発信しています。

公式サイト:
https://shinichi-sato.info/

ページ上部へ戻る