肋骨(ろっこつ)

英語名称

rib(リブ)

解説

肋骨は俗にいう『あばら骨』のことです。肋骨は左右に12対、つまり合計24本あります。肋骨は一見すると棒状に見えますが、実は肩甲骨と同じで扁平骨です。

第一肋骨と第十二肋骨は肋骨の中では一番短く、第七肋骨が一番長いと言われています。
12本ある肋骨のうち、11番目と12番目の骨は『浮肋』と呼ばれて、前側の軟骨に連結していないので、他の肋骨に比べ自由度があります。
基本的には肋骨が長いとそれに伴い胸郭も比例して大きくなりますが、肋骨の弯曲の仕方には個人差がとても大きいので肋骨が長いからといって必ずしも胸郭が大きいわけではありません。
胸郭があることで外部からの衝撃から内臓を守ることができるのですが、肋骨は扁平で体表近くにあるので、ちょっとした衝撃が加わると折れやすい部分でもあります。
年配の方が風邪などで咳をし続けると肋骨が疲労骨折してしまうことがあるとしても良く知られています。
肋骨が折れると胸郭の動きに制限が出てしまうので胸式呼吸を行うときにかなりの痛みを伴いまた呼吸も浅くなります。
肋骨が折れると、最悪の場合、折れた肋骨が内臓自体を傷つけてしまうことがあり、時には生命の危険を脅かすこともあります。
肋骨は胸椎と肋椎関節を構成し、胸骨とは肋軟骨(肋軟骨は硝子軟骨で形成されています)を介して連結し、胸肋関節を構成しています。

主に起始する筋肉

大胸筋前鋸筋小胸筋、鎖骨下筋、外腹斜筋、頚腸肋筋、胸腸肋筋、外肋間筋、内肋間筋、横隔膜広背筋腹横筋

主に停止する筋肉

外肋間筋、内肋間筋、胸腸肋筋、腰腸肋筋、上後鋸筋、下後鋸筋、前斜角筋中斜角筋後斜角筋内腹斜筋腹直筋腰方形筋

主に構成する筋肉

胸肋関節、肋椎関節

主な傷害

肋骨の骨折

KindleBook

Arrow
Arrow
Slider

様々な骨と関節

骨や関節のトラブル

骨と関節の基礎知識

骨や関節のトラブルとその原因

  1. つま先立ちが出来ない!脚の親指が痛い!強剛拇趾とは

    一般的に足の親指が痛いという症状で真っ先に思い浮かぶのは外反母趾(がいはんぼし)だと思いますが、同じ…
  2. 自分に合わない靴を履き続けることによって起こる様々な弊害

    靴の形や大きさなどが自分の足にあっていないと身体に様々な悪影響を及ぼすことがあります。 特に足先が…
  3. 足トラブルの原因に!開張足とは

    自分でも気がつかないうちに『いつの間にか足にトラブルを抱えてしまっていた』という方は少なくないと思い…
  4. 準備運動は必ずしよう!アキレス腱断裂が起こる仕組みとその予防法

    アキレス腱とは下腿部にある下腿三頭筋(腓腹筋、ヒラメ筋の総称)と足根骨の一つ、踵骨(しょうこつ)とを…
  5. 女性ホルモンの関与も!?外反母趾の原因と弊害

    足の親指のトラブルで我々が最もよく耳にする症状と言えば、『外反母趾(がいはんぼし)』ではないでしょう…
  6. 足の裏や指が痛むモートン病、原因や治療方法は?

    モートン病は、足の裏や足の指(第2足趾~第4足趾)にしびれや痛みが伴う神経疾患です。 日頃からつま…

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
フィットネスクラブ、体育施設、大学などでトレーナーとして18年間活動してましたが、約10年前にカイロプラクターとして第二の人生を歩み出しました。
そして2016年4月に第三の人生を歩み出しました。

ページ上部へ戻る