ストークチェック(AS腸骨検査)

ストークテストは仙腸関節の動きを検査する方法です。
仙腸関節は、関節といってもわずか数ミリしか動くことがなく、一見するとほとんど動いているように思えない関節です。
しかし、仙腸関節は身体を動かしたり支えたりするのに重要な働きを担っているのでこの数ミリの動きができるかどうかはとても重要なポイントなのです。

ストークテスト

(写真1)ファーストポジション

PSIS(後上腸骨棘)

PSIS(後上腸骨棘)

  • 壁際で患者さんは立位になり、両手で身体を支えます。このとき、両足首の内顆(内くるぶし)はお互いに触れるよう完全に閉足しておきます。
  • 検者は患者さんの後方より、一方の拇指を患側のPSISにコンタクトし、もう一方の手でPSISと同じ高さの仙骨上に拇指をあてます。
ストークテスト

(写真2)セカンドポジション

PSIS(後上腸骨棘)

PSIS(後上腸骨棘)

  • 患者さんに股関節、膝関節を90°屈曲されるよう命じます。
  • これらの動きを行った際、仙骨の拇指を基準に患側の寛骨のPSISが下方(青色)に滑れば仙腸関節屈曲動作には問題はないと判断できるが、上方(赤色)に上がったとしたら仙腸関節の屈曲制限(AS:前上方変位)があると診断される。
  • 次にコンタクトポイント(接触位置)を変えずに反対側の股関節、膝関節を90°屈曲させるように命じます。
  • この動きを行った際、患側の寛骨のPSISの拇指を基準に仙骨の拇指が下方にすべれば仙腸関節伸展動作は問題ないと判断できるが、不変、あるいは上方に持ち上がったとしたら仙腸関節の伸展制限(PI:後下方変位)があると診断される。
  • 同様の手順を反対側にも実施し、仙腸関節の上方の動きがあるかどうかを調べる。もし、仙腸関節の下方の動きを調べるのであれば先のコンタクトポイントより1~2cm下のポイントで検査を行う。(つまり、仙腸関節のモビリティテストは計8ヶ所ある。)

(参考)
AS-仙腸関節の屈曲動作が出来ない場合は、寛骨が前上方(AS)変位してしまっている。
原因は腸腰筋、大腿直筋の柔軟性の不足とハムストリングス、臀筋の弱化である。

KindleBook

Arrow
Arrow
Slider

様々な骨と関節

骨や関節のトラブル

骨と関節の基礎知識

骨や関節のトラブルとその原因

  1. つま先立ちが出来ない!脚の親指が痛い!強剛拇趾とは

    一般的に足の親指が痛いという症状で真っ先に思い浮かぶのは外反母趾(がいはんぼし)だと思いますが、同じ…
  2. 足トラブルの原因に!開張足とは

    自分でも気がつかないうちに『いつの間にか足にトラブルを抱えてしまっていた』という方は少なくないと思い…
  3. 自分に合わない靴を履き続けることによって起こる様々な弊害

    靴の形や大きさなどが自分の足にあっていないと身体に様々な悪影響を及ぼすことがあります。 特に足先が…
  4. 準備運動は必ずしよう!アキレス腱断裂が起こる仕組みとその予防法

    アキレス腱とは下腿部にある下腿三頭筋(腓腹筋、ヒラメ筋の総称)と足根骨の一つ、踵骨(しょうこつ)とを…
  5. 女性ホルモンの関与も!?外反母趾の原因と弊害

    足の親指のトラブルで我々が最もよく耳にする症状と言えば、『外反母趾(がいはんぼし)』ではないでしょう…
  6. 足の裏や指が痛むモートン病、原因や治療方法は?

    モートン病は、足の裏や足の指(第2足趾~第4足趾)にしびれや痛みが伴う神経疾患です。 日頃からつま…

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
フィットネスクラブ、体育施設、大学などでトレーナーとして18年間活動してましたが、約10年前にカイロプラクターとして第二の人生を歩み出しました。
そして2016年4月に第三の人生を歩み出しました。

ページ上部へ戻る