足のしびれ

足の痺れ(しびれ)は誰しもが一度や二度は体験したことがあるのではないでしょうか?
特に日本人は古来より正座をする習慣があるので、日頃、正座をしている方は足の痺れが発生しやすいかもしれません。

足に存在する神経は、皮膚から近いところにあり、また狭いところに集中するので、正座などの座り方をしてしまうと自分の体重の重みで神経や血管を強く圧迫してしまい痺れを誘発してしまいます。

このような場合は時間の経過とともに痺れが解消されるのですが、もし、痺れがいつまでも続くようなら他のトラブルの前触れかもしれません。

様々な下肢の痺れの原因と特徴

1.腓骨神経麻痺
腓骨神経麻痺(ひこつしんけいまひ)は足の甲にしびれが発生するのが特徴です。
下腿部には細長い2本の骨があり、内側(母趾側)は脛骨(けいこつ)、外側の骨を腓骨(ひこつ)と言います。
総腓骨神経は腓骨に沿うように存在し、膝の裏側あたりは皮膚に近いため外部からの圧迫に弱いという特徴があります。
腓骨神経麻痺の初期症状は足の甲に痺れを感じますが、やがて麻痺を伴うようになります。
第1趾と第2趾の付け根に違和感を感じるようになり、やがて、うまく歩けなくなります。
引きずるような歩き方をしているようなら『腓骨神経麻痺』を疑う必要があります。
腓骨神経が圧迫される要因としては、主に外部からの圧迫が考えられます。
例えばハイソックスを長時間着用していたら、足の痺れが発生したという経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか?
ハイソックスのゴムによる締め付けが強すぎると腓骨神経が圧迫されるので足が痺れる可能性が高くなってしまいます。
その他にも『寝たきりの生活を余儀なくされている方』『怪我でギプスを装着している方』『下肢の脂肪や筋肉量の少ない方が脚を長時間組む』なども腓骨神経が圧迫される原因になります。

2.脛骨神経麻痺(足根管症候群)
『脛骨神経麻痺(けいこつしんけいまひ)』
は足裏に痺れが発生する症状で、脛骨神経麻痺になってしまうと立ち上がるのが困難な状態になってしまいます。
これは手でいうところの手根管症候群に似ており、足にある足根管(トンネル)の中を通る後脛骨神経が圧迫されて起きる疾患です。(脛骨神経麻痺は別名、足根管症候群とも言います)
後脛骨神経は足の裏の感覚を司る神経なので脛骨神経麻痺の足の痺れは足裏に限定されるのです。
なので足裏が床や道路に触れる際に強い痛みを感じ、しばらくその場で立てなくなってしまうこともあります。
脛骨神経麻痺になってしまうと内踝の下方に軽い刺激を与えるだけでも足裏に電気が走るようになります。(Tinel Sign)
脛骨神経麻痺を予防をするには、普段から足への圧迫を防ぐことが大切です。

3.モートン病
歩行時に痛みを伴う症状に『モートン病』と呼ばれる傷病があり、第2趾〜第4趾の間で痛みや痺れが誘発されます。
この部分にある靭帯や『ガングリオン』と呼ばれる良性の腫瘤によって神経が圧迫されことで発症します。
モートン病の特徴の一つでもあるのですが、モートン病による痺れや痛みは局所的で、他の部分に痺れや痛みが現われることはありません。
そのためモートン病かどうかを判断することは比較的容易だと言えます。
歩行時に痺れや痛みを感じる場合は、モートン病を疑ってください。
痛みが長く続くようなら、日頃の習慣(ハイヒールを常用したり、しゃがんだ状態で長時間作業をしているなど)を改善する必要があります。

痛みや痺れなどの症状に薬を用いたとしても

この他にも足の痺れの原因は複数ありますが、いずれの傷病も圧迫されている原因を取り除かなければ症状はなかなか改善されません。
痛みや痺れに対して鎮痛剤などを使用しても原因を完全に取り除かなければ必ず再発します。
痺れの治療法としては薬物療法が一般的ですが、症状によっては外科的な手術が必要になることもあるかもしれません。
何にせよこのような症状を誘発する前に日頃から無理な動作・圧迫を避けるように気をつけましょう。
また、きつすぎる靴下・靴などを避けることも大切であり、ファッション性よりも機能性を重視するようすることも大切です。
このように足に負担がかかる生活を避けることが何よりも大切になります。

KindleBook

Arrow
Arrow
Slider

様々な骨と関節

骨や関節のトラブル

骨と関節の基礎知識

整形外科学検査法

骨や関節のトラブルとその原因

  1. 足のしびれ

    足の痺れや痛みが続く場合は神経が圧迫されている可能性も

    足の痺れ(しびれ)は誰しもが一度や二度は体験したことがあるのではないでしょうか? 特に日本人は古来…
  2. 自分に合わない靴を履き続けることによって起こる様々な弊害

    靴の形や大きさなどが自分の足にあっていないと身体に様々な悪影響を及ぼすことがあります。 特に足先が…
  3. 足トラブルの原因に!開張足とは

    自分でも気がつかないうちに『いつの間にか足にトラブルを抱えてしまっていた』という方は少なくないと思い…
  4. つま先立ちが出来ない!脚の親指が痛い!強剛拇趾とは

    一般的に足の親指が痛いという症状で真っ先に思い浮かぶのは外反母趾(がいはんぼし)だと思いますが、同じ…
  5. 準備運動は必ずしよう!アキレス腱断裂が起こる仕組みとその予防法

    アキレス腱とは下腿部にある下腿三頭筋(腓腹筋、ヒラメ筋の総称)と足根骨の一つ、踵骨(しょうこつ)とを…
  6. 女性ホルモンの関与も!?外反母趾の原因と弊害

    足の親指のトラブルで我々が最もよく耳にする症状と言えば、『外反母趾(がいはんぼし)』ではないでしょう…

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
フィットネスクラブ、体育施設、大学などでトレーナーとして18年間活動してましたが、約10年前にカイロプラクターとして第二の人生を歩み出しました。
そして2016年4月に第三の人生を歩み出しました。

ページ上部へ戻る