手根骨(しゅこんこつ)

英語名称

carpal bones(カーパル・ボーンズ)

解説

手の付け根(手根)を形成する八個の短骨のことで総称して手根骨(しゅこんこつ)と言います。
写真の青色の線より上を近位列と下を遠位列といい、それぞれ四個ずつ骨が並びます。

近位列は親指側から舟状骨(しゅうじょうこつ)、月状骨(げつじょうこつ)、三角骨(さんかくこつ)、豆状骨(ずじょうこつ、またはとうじょうこつ)がり、遠位列には親指側から大菱形骨(だいりょうけいこつ)、小菱形骨(しょうりょうけいこつ)、有頭骨(ゆうとうこつ)有鈎骨(ゆうこうこつ)があります。
近位列は橈骨と橈骨手根関節(とうこつしゅこんかんせつ)を構成し、遠位列では中手骨(ちゅうしゅこつ)と手根中手関節を構成しており、手根骨同士でも手根中央関節(青色の線)を形成しています。
手根中央関節は主に手首の動きに貢献していて手のひら側には屈筋支帯(くっきんしたい)が付着し、トンネル状の手根管を形成しています。
手根管には正中神経や手関節の及び指を曲げる筋肉の件が通過しています。

主に起始する筋肉

短母指屈筋短母指外転筋短小指屈筋母指内転筋小指外転筋母指対立筋小指対立筋

主に停止する筋肉

尺側手根屈筋

主に構成する関節

橈骨手根関節(手関節)、手根中央関節、手根中手関節

主な傷害

舟状骨骨折、手根管症候群






運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
都内でトレーナーとして約20年活動し、その後、カイロプラクターとして約10年活動していました。
現在はフリーランスで活動していて主に健康や運動に関する情報を発信しています。

公式サイト:
https://shinichi-sato.info/

ページ上部へ戻る