棘上筋衝突テスト(Supraspinatus impingement test)

目的

棘上筋衝突テストは肩関節を最大限に内旋させることで棘上筋が損傷しているかどうか(棘上筋衝突症候群)を調べる検査方法です。

棘上筋はローテーターカフ棘上筋棘下筋肩甲下筋小円筋の総称)の一つで主に三角筋と共に肩関節(肩甲上腕関節)の外転動作(手を真横に広げる動作)に関与する筋肉です。

実施方法

パターン1

1. 患者さんを座位にさせます。
2. 検者は患者さんの患側に立ち、患者さんの後方から肩関節を及び肘関節を90°屈曲させます。
3. このとき検者は患者さんの肘頭を包み込むように持ち、もう一方の手で患者さんの肩を支えます。

棘上筋衝突テスト(Supraspinatus impingement test)

棘上筋衝突テスト(Supraspinatus impingement test)
パターン1

4. 検者は患者さんの肩関節が内旋(手の指先が下を向くように)させます。
5. 同様に反対側の肩関節も実施します。

パターン2

1. 患者さんを座位にさせます。
2. 検者は患者さんの患側に立ち、患者さんの後方、または側方(横)から肩関節を90°外転及び肘関節を90°屈曲させます。
3. このとき検者は患者さんの肩を包み込むように持ち、もう一方の手で患者さんの肘関節を包み込むように持ちます。

棘上筋衝突テスト(Supraspinatus impingement test)
パターン2

4. 検者は患者さんの肩関節が内旋(手の指先が下を向くように)させます。
5. 同様に反対側の肩関節も実施します。

結果の評価

このテストにより患者さんが痛みを訴えたら陽性反応で棘上筋の損傷や炎症が疑われます。

参考

肩関節周囲の構造

肩関節周囲の構造

棘下筋や小円筋、小胸筋などの筋力低下、及び何らかの衝撃が加わるなどして肩関節の位置がずれてしまうことがしばしばあります。
もう少し具体的にいうと肩峰(けんぽう)と上腕骨の骨頭部(丸い部分)の隙間部分を肩峰下スペースといいますが、この部分に先の問題が生じると画像の矢印のような力が加わるので『肩峰下スペースの狭小化』が起こり棘上筋が圧迫されので損傷や炎症してしまうのです。



KindleBook

previous arrow
next arrow
Slider

様々な骨と関節

骨や関節のトラブル

骨と関節の基礎知識

骨や関節のトラブルとその原因

  1. 足のしびれ

    足の痺れや痛みが続く場合は神経が圧迫されている可能性も

  2. 自分に合わない靴を履き続けることによって起こる様々な弊害

  3. 足トラブルの原因に!開張足とは

  4. つま先立ちが出来ない!脚の親指が痛い!強剛拇趾とは

  5. 準備運動は必ずしよう!アキレス腱断裂が起こる仕組みとその予防法

  6. 女性ホルモンの関与も!?外反母趾の原因と弊害




運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
都内でトレーナーとして約20年活動し、その後、カイロプラクターとして約10年活動していました。
現在はフリーランスで活動していて主に健康や運動に関する情報を発信しています。

公式サイト:
https://shinichi-sato.info/

ページ上部へ戻る