サポーテッドアダムポジション(Supported Adam’s position)

サポーテッドアダムポジション

サポーテッドアダムポジション(Supported Adam’s position)

目的

サポーテッドアダムポジションテストは仙腸関節の異常と、腰椎、胸椎の異常を判別するための整形外科学検査法です。通常は『アダムポジション』と抱き合わせでテストが実施されます。

アダムポジションで痛みが発生し、サポーテッドアダムポジションで発生しなければ仙腸関節の異常(脱臼、捻挫)を疑います。
逆にどちらも陽性の場合は腰椎、あるいは胸椎の異常を疑います。

実施方法

1. 患者さんを立位にさせます。このとき患者さんの両膝が曲がらないように予め指示しておきます。
2. 検者は患者さんの背後に立ち、両腕を患者さんの骨盤にまわして固定します。
3. 検者は患者さんにこの姿勢から、腰からゆっくりと前傾するように指示します。

サポーテッドアダムポジション

サポーテッドアダムポジション(Supported Adam’s position)

4. このとき術者は患者さんが前傾バランスが保てるようにしっかりと身体を保持しておきます。

結果の評価

『アダムポジション』で痛みが誘発し、サポーテッドアダムポジションでは痛みが発症しなければ陰性反応。
この場合、仙腸関節の脱臼、捻挫が考えられます。
サポーテッドアダムポジションでも痛みが発症する場合は陽性反応で腰椎、もしくは胸椎の異常を疑う必要があります。

参考

仙腸関節の捻挫、脱臼は比較的まれな症状です。
仙腸関節に強い負荷がかかると仙腸関節周辺の靭帯が負荷に耐え切れず脱臼、捻挫を発症してしまうことがあります。

関連記事

  1. 足関節内反ストレステスト(Inversion stress stability test-ankle)

  2. ダウバーン徴候

    ダウバーン徴候(Dawbarn’s test)

  3. ファレンテスト

    ファレンテスト(Phalen’s test)

  4. ロックウッドテスト

    ロックウッドテスト(Rockwood’s test)

  5. ミルグラムテスト

    ミルグラムテスト(Milgram’s test)

  6. トレンデレンブルグテスト

    トレンデレンブルグテスト(Trendelenburg’s test)