寝違えの原因と改善法について

朝、起床時に頚部から肩部にかけて強い痛みを感じ、激痛のため頚部を動かすことが出来なくなってしまった経験をされた方も多いのではないでしょうか。

この起床時の頚部から肩部の強烈な痛みを総称して「寝違え」と呼びますが、そもそも「寝違え」とは一体どのような症状でどのような事が原因となって起こるのでしょうか?

寝違えの発症パターンとしては大きく2パターンあり、起床時に頚部から肩部にかけて強い痛みを感じて頚や肩を動かせない状態になってしまったというパターンの他に、起床時にはそれほど強い痛みを感じなかったものの違和感があり、起床後に朝の身支度をしている時から徐々に悪化し始め、家を出る頃には痛みのあまり歩く事すらままならないような状態になってしまうというパターンがあります。
どちらの寝違えの発症パターンにせよ症状に共通している点は、頭部や頚部を動かすと頚部、肩部や背部の上部にかけて激痛が走るという特徴があります。
「寝違え」には様々な原因があると言われていますが、その中でも最も多い原因としては「身体の歪み」と「寝るときの姿勢とマクラの高さ」です。
身体が歪んでいると正しい姿勢を取りづらくなり、自然と悪い姿勢のまま生活する事となってしまいます。
悪い姿勢のままの生活を続けていると、次第に頚部の筋肉や関節、そして肩部の付け根や背部の筋肉に無理な負担がかかりやすくなり、自分でも気がつかない内に頚部や肩部、そして背部の上部などの筋肉が疲労してしまう事に繋がってしまいます。
頚部や肩部、そして背部の筋肉が疲労した状態が続き、それらの筋肉の疲労が症状となって現れた形が「寝違え」なのです。
また、就寝中の姿勢やマクラの高さなども大いに影響します。
例えば腰椎前弯症のように腰が大きく反っている方が仰向きで寝てしまうと腰椎が過度に反ってしまうため腰が痛くなります。
そこで腰の負担を軽減させるために無意識に横向きで寝てしまっているのです。
このときマクラの高さが自分にとって低くなりすぎている場合が多いので、寝ているあいだ常に頚部が横に折れ曲がった状態になるため寝違えになりやすいのです。
また、マクラやマットレスが自分にあっていないと寝返りを繰り返しやすくなります。
このように必要以上に寝返りを繰り返したときに筋肉や筋膜を痛めてしまう恐れがあるのです。
「寝違え」はこれ以外にも慢性的なストレス状態や、内臓疾患などが「寝違え」の引き金になってしまうことがあります。

「寝違え」の原因となる「体の歪み」を発生させない為の方法とは

「身体の歪み」が「寝違え」の原因となる事が判明している為、「身体の歪み」を出来るだけ引き起こさないようにする事が「寝違え」を事前に防ぐ対処法となります。
「身体の歪み」を引き起こさないようにするには、第一に重要なのは、猫背などになってしまっている方はなるべく姿勢が前傾しないように気を付ける必要があります。
第二にメタボ体型などで太っている方は体重を標準体重まで落とす事で身体にかかる負担を軽減させなければなりません。
また、常日頃から姿勢をまっすぐに、背中をまっすぐにする意識を持つ事も大切です。
しかしながら「身体の歪み」が頚椎や骨盤の歪みなどから発生している場合には自分自身で骨盤の歪みを直す事はかなり難しいので、骨盤の歪みを直す専門家(カイロプラクター、整体師など)に骨盤矯正をしてもらい、「身体の歪み」を直す事で「身体の歪み」から来る「寝違え」を未然に防ぐこともとても大切です。

「寝違え」に効果的な対処法とは

多くの人が「寝違え」をしてしまった時に間違った対処法をしがちです。
「寝違え」の間違った対処法の代表として、無理に首をストレッチする、という対処法がありますが、絶対に痛みを我慢した状態で首のストレッチを行ってはいけません。
正しい「寝違え」の対処法は、まず10分間、アイスノンなどの冷却材が入った製品を首にあて、次の10分間は何も首にあてずに首も動かさない状態を続けます。
これを1セットとして、3セットから4セット繰り返して行う事で首の筋肉の炎症が徐々におさまり、「寝違え」の症状が緩和される場合があります。
寝違えの症状が強すぎる場合は頚部を安静にし、頚部の保護のため、頸椎カラー固定(頚の装具)を使用する必要もあります。
「寝違え」に対する一番の対処法は「身体の歪み」を直して「寝違え」を未然に防ぐという対処法がもっとも「寝違え」に対して有効となります。

KindleBook

Arrow
Arrow
Slider

様々な骨と関節

骨や関節のトラブル

骨と関節の基礎知識

骨や関節のトラブルとその原因

  1. 足のしびれ

    足の痺れや痛みが続く場合は神経が圧迫されている可能性も

    足の痺れ(しびれ)は誰しもが一度や二度は体験したことがあるのではないでしょうか? 特に日本人は古来…
  2. 自分に合わない靴を履き続けることによって起こる様々な弊害

    靴の形や大きさなどが自分の足にあっていないと身体に様々な悪影響を及ぼすことがあります。 特に足先が…
  3. 足トラブルの原因に!開張足とは

    自分でも気がつかないうちに『いつの間にか足にトラブルを抱えてしまっていた』という方は少なくないと思い…
  4. つま先立ちが出来ない!脚の親指が痛い!強剛拇趾とは

    一般的に足の親指が痛いという症状で真っ先に思い浮かぶのは外反母趾(がいはんぼし)だと思いますが、同じ…
  5. 準備運動は必ずしよう!アキレス腱断裂が起こる仕組みとその予防法

    アキレス腱とは下腿部にある下腿三頭筋(腓腹筋、ヒラメ筋の総称)と足根骨の一つ、踵骨(しょうこつ)とを…
  6. 女性ホルモンの関与も!?外反母趾の原因と弊害

    足の親指のトラブルで我々が最もよく耳にする症状と言えば、『外反母趾(がいはんぼし)』ではないでしょう…

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
フィットネスクラブ、体育施設、大学などでトレーナーとして18年間活動してましたが、約10年前にカイロプラクターとして第二の人生を歩み出しました。
そして2016年4月に第三の人生を歩み出しました。

ページ上部へ戻る