ヨーマン股関節伸展テスト(Yeoman’s hip extension test)

ヨーマン股関節伸展テスト

ヨーマン股関節伸展テスト(Yeoman’s hip extension test)

目的

ヨーマン股関節伸展テストは仙腸関節及び腰椎に異常があるかどうかを調べる検査方法です。

実施方法

1. 患者さんを腹臥位にさせます。
2. 検者は患者さんの患側に立ち、上方手を臀部(仙腸関節付近)に、下方手を患者さんの膝関節付近にコンタクトします。
3. 患者さんに膝関節を曲げるように指示します。
4. 検者は下方手を使ってベットから患者さんの大腿部が離れるように持ち上げます。

ヨーマン股関節伸展テスト(Yeoman's hip extension test)

ヨーマン股関節伸展テスト(Yeoman’s hip extension test)

5. このとき検者は上方手を使って臀部がベットから離れないように圧迫を加え続けます。

結果の評価

テスト中、仙腸関節部分に疼痛が生じた場合は陽性反応で、前仙腸関節靭帯の病理を疑う必要があります。
また、腰椎に痛みがでるようなら腰椎の異常を疑う必要があります。

参考

一般に腸骨のPSISがAS変位(前上方変位)になっている場合は膝を高く持ち上げることができます。
しかし、PSISがPI変位(後下方変位)になっている場合は膝を高く持ち上げることができません。


様々な骨と関節

骨や関節のトラブル

骨と関節の基礎知識

Kindle Book

 

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
都内でトレーナーとして約20年活動し、その後、カイロプラクターとして約10年活動していました。
現在はフリーランスで活動していて主に健康や運動に関する情報を発信しています。

公式サイト:
https://shinichi-sato.info/

ページ上部へ戻る