肩関節不安定性テスト:後方(Apprehension test shoulder:posterior instability)

肩関節不安定テスト

肩関節不安定性テスト:後方(Apprehension test shoulder:posterior instability)

目的

肩関節不安定性テスト:後方パターンは肩関節の不安定性を調べるテストです。肩関節は分類上は股関節と同じ球関節ですが、肩関節は股関節とは異なり可動域が広い反面、関節の結合が緩いために、脱臼しやすいという特徴をもっています。

これを補強するために関節包(かんせつほう)の一部が肥厚してできた関節上腕靭帯(かんせつじょうわんじんたい)と烏口上腕靭帯(うこうじょうわんじんたい)が肩関節の安定性を与えています。
また、肩関節周りの筋肉や腱も安定性に関与しています。
肩関節の安定性に関与する筋肉としては『棘上筋』『棘下筋』『小円筋』『肩甲下筋』などがあります。
これらの筋肉は総称して『ローテーターカフ』と呼ばれます。

実施方法

1. 患者さんを仰臥位にさせます。
2. 検者は患者さんの患側上肢の肩関節を90°に屈曲、内旋させ、更に肘関節も90°に屈曲させます。
このとき検者は一方の手のひらを患者さんの肘関節におきます。

肩関節不安定テスト

肩関節不安定性テスト:後方
(Apprehension test shoulder:posterior instability)

3. 検者はもう一方の手で患者さんの肩関節の包み込むように保持します。
4. 検者はベットに向かって(直下)ゆっくりと圧迫を加えます。
5. 同様に反対側の肩関節も実施します。

結果の評価

このテストによって患者さんが痛みを訴えたり、肩関節が外れるような感じがすると訴えた場合、陽性反応で肩関節(肩甲上腕関節)の後方の靭帯損傷及び後方脱臼が疑われます。

参考

肩関節の後方脱臼は前方脱臼に比べ、非常にまれな脱臼です。

関連記事

  1. ロックウッドテスト

    ロックウッドテスト(Rockwood’s test)

  2. サポーテッドアダムポジション

    サポーテッドアダムポジション(Supported Adam’s position)

  3. トレンデレンブルグテスト

    トレンデレンブルグテスト(Trendelenburg’s test)

  4. ロード&シフトテスト

    ロード&シフトテスト(Load & Shift test)

  5. ダブルレッグレイズ

    ダブルレッグレイズテスト(Double leg raise test)

  6. アドソンテスト

    アドソンテスト(Adson’s test)

様々な骨と関節

骨や関節のトラブル

骨と関節の基礎知識

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
都内でトレーナーとして約20年活動し、その後、カイロプラクターとして約10年活動していました。
現在はフリーランスで活動していて主に健康や運動に関する情報を発信しています。

公式サイト:
https://shinichi-sato.info/

Kindle Book