肩関節不安定性テスト:前方(Apprehension test shoulder:anterior instability)

肩関節不安定テスト

肩関節不安定性テスト:前方(Apprehension test shoulder:anterior instability)

目的

肩関節不安定性テスト:前方パターンは肩関節の不安定性を調べるテストです。
肩関節(肩甲上腕関節)は分類上は股関節と同じ球関節(きゅうかんせつ)ですが、肩関節の構造は肩甲骨の関節窩に対し、上腕骨の上腕骨頭が大きいために可動域は広い反面、関節の結合が緩く、脱臼しやすいという特徴をもっています。

肩関節不安定性テスト:前方パターンは肩関節の前方への不安定性を調べるテストです。
肩関節の前方脱臼になってしまうと肩関節周囲の組織を痛めるだけではなく、ときには動脈や神経も損傷してしまうこともあります。

実施方法

1. 患者さんを座位、あるいは立位にさせます。
2. 検者は患者さんの手首を持ち、患側上肢の肩関節を90°に外転させます。このとき肘関節も90°に屈曲させます。
3. 検者は患者さんの後方に立ち、手のひらを患者さんの肩関節後方に手を添えます。
4. 検者は一方の手で患者さんの肩関節をゆっくりと前方に圧迫を加えます。
5. 同様に反対側の肩関節も実施します。

肩関節不安定テスト

肩関節不安定性テスト:前方
(Apprehension test shoulder:posterior instability)

結果の評価

このテストによって患者さんが痛みを訴えたり、肩関節が外れるような感じがすると訴えた場合、陽性反応で肩関節(肩甲上腕関節)の靭帯損傷及び前方脱臼が疑われます。

参考

肩関節の前方脱臼は肩関節脱臼の90%以上を締めているといわれています。
一方、背方、後方脱臼は非常にまれな脱臼です。


様々な骨と関節

骨や関節のトラブル

骨と関節の基礎知識

Kindle Book

 

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
都内でトレーナーとして約20年活動し、その後、カイロプラクターとして約10年活動していました。
現在はフリーランスで活動していて主に健康や運動に関する情報を発信しています。

公式サイト:
https://shinichi-sato.info/

ページ上部へ戻る