アプレイ引っ掻きテスト(Apley’s scratch test)

アプレイスクラッチテスト

アプレイ引っ掻きテスト(Apley’s scratch test)

目的

アプレイ引っ掻きテストはローテーターカフ棘上筋棘下筋肩甲下筋小円筋の総称)の一つ、棘上筋の腱が損傷しているかどうかを調べる検査方法です。

また、このアプレイ引っ掻きテストは肩関節(肩甲上腕関節)の可動域が正常かどうかを調べるテストとしても良く用いられます。
このテストで陽性反応が出てしまった場合、棘上筋の腱の損傷、及び肩関節の可動域に何らかの問題があることが疑われます。

参考:これができたら要注意!関節のゆるみをチェック

実施方法

1. 患者さんを立位(座位でも可)にさせます。
2. 検者は患者さんに一方の手を頭上に伸ばし、肘を曲げるように指示します。
3. 続いて、もう一方の手を腰にまわし、肘を曲げるように指示します。

アプレイスクラッチテスト

アプレイ引っ掻きテスト(Apley’s scratch test)

4. このとき検者は患者さんに両手の指先が肩甲骨付近で触れるように指示します。(決して無理をさせないでください)
5. 同様に反対側も実施します。

結果の評価

このテストで患者さんが肩関節に痛みを訴えたらローテーターカフ、特に棘上筋の腱が損傷してしまっていることが疑われます。
このテストを行っても痛みがなく、単に背中に手が回せないだけなら肩関節の可動域が減少してしまっていることが疑われます。(勿論、肘関節の動きが硬くなっていることも考えられます)

参考

  • このテストは既に『肩関節周囲炎(かたかんせつしゅういえん)』になってしまっている方の実施は非常に困難だと思います。
    肩関節周囲炎の方にこのテストを行わせると症状が悪化する可能性があるので決して無理にやらせないでください。
  • このテストを行っても肩に痛みもなく、両手の指先が軽く触れるようなら肩関節の動きは適切といえます。
    指先が触れないようなら肩関節の可動域が低下、両手の指先が組める(つかめる)ようなら可動域がありすぎると考えられます。(しかしながら指先が組めるからといって必ずしも肩関節が緩い(ルーズ)とは言うことはできません)
  • 上記の写真の右手側の動きを俗に結髪動作(けっぱつどうさ)といいます。
    運動動作があたかも髪の毛を結うような動作にみえることからそう名づけられました。
    結髪動作は肩関節の外転、外旋及び肘関節の屈曲の複合動作です。
  • 上記の写真の左手側の動きを俗に結滞動作(けったいどうさ)といいます。
    運動動作が帯を結ぶように手を腰の後ろに回す動作にみえることからそう名づけられました。
    結滞動作は肩関節の伸転、内旋及び肘関節の屈曲の複合動作です。

関連記事

  1. ロックウッドテスト

    ロックウッドテスト(Rockwood’s test)

  2. ダウバーン徴候

    ダウバーン徴候(Dawbarn’s test)

  3. サポーテッドアダムポジション

    サポーテッドアダムポジション(Supported Adam’s position)

  4. ファレンテスト

    ファレンテスト(Phalen’s test)

  5. アドソンテスト

    アドソンテスト(Adson’s test)

  6. 片足立ち腰椎伸展テスト

    片足立ち腰椎伸展テスト(One leg standing lumber extension test)

様々な骨と関節

骨や関節のトラブル

骨と関節の基礎知識

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
都内でトレーナーとして約20年活動し、その後、カイロプラクターとして約10年活動していました。
現在はフリーランスで活動していて主に健康や運動に関する情報を発信しています。

公式サイト:
https://shinichi-sato.info/

Kindle Book