ダウバーン徴候

ダウバーン徴候(Dawbarn’s test)

目的

肩甲骨には肩峰(けんぽう)と呼ばれる場所があり、この下の空間に回旋筋腱板( 棘上筋棘下筋小円筋肩甲下筋の総称したの総称)が存在します。

何かしらの問題が生じると肩峰と回旋筋腱板が直接接触するようになるので肩峰下滑液包(摩擦や衝突を和らげるクッション)が炎症を起こしてしまい肩峰下滑膜炎を発症してしまいます。
このダウバーン徴候検査で陽性反応が出た場合はインピンジメント症候群、とくに肩峰下滑液包炎が疑われます。

実施方法

1. 患者さんは座位になり患側上肢を下垂させ、やや内旋させます。
2. 検者は患者さんの患側に立ち、一方の手で患者さんの手首を保持し、もう一方の手で肩を触診し(大結節と肩峰の間あたり)圧痛点をさがします。

ダウバーン徴候

ダウバーン徴候(Dawbarn’s_ sign)

3. 検者は圧痛点が押さえたまま肩関節を90°外転(外側に手を挙げる動作のこと)させます。
4. 同様に反対側の肩関節も実施します。

結果の評価

このテストを行い圧痛点が消失した場合は陽性反応で肩峰下滑液包炎が疑われます。

参考

ダウバーン徴候は肩峰下滑膜炎と他の肩関節障害をスクリーンする整形外科学テストです。


様々な骨と関節

骨や関節のトラブル

骨と関節の基礎知識

Kindle Book

 

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
都内でトレーナーとして約20年活動し、その後、カイロプラクターとして約10年活動していました。
現在はフリーランスで活動していて主に健康や運動に関する情報を発信しています。

公式サイト:
https://shinichi-sato.info/

ページ上部へ戻る