足関節内反ストレステスト(Inversion stress stability test-ankle)

足関節内反ストレステスト(Inversion stress stability test-ankle)

目的

足関節の周囲には様々な靭帯が存在し、それらが足首の安定性を高めています。
しかし、転倒などで足首を強く捻ってしまうと時に靭帯を伸ばしてしまったり、最悪の場合は靭帯そのものが切れてしまうことがあります。

これにより靭帯の支持能力が失われてしまうのでほんの些細なことで足首を捻挫するようになってしまいます。
足関節にある靭帯の異常を調べる方法として『足関節内反ストレステスト』というテストがあります。
このテストは『踵腓靭帯(しょうひじんたい)』『前距腓靭帯(ぜんきょひじんたい)』『関節包(かんせつほう)』に問題があるかどうかを調べるテストです。
このテストで陽性反応が出てしまった場合、前距腓靭帯、踵腓靭帯、関節包の損傷(断裂、靭帯が伸びる)が疑われます。

実施方法

1. 患者さんを仰臥位にさせます。
2. 検者は患者さんの患側に立ち、一方の手で患者さんの下腿部(スネのあたり)を押さえ、もう一方の手で患者さんの足の踵を包み込むように持ちます。
3. 検者はベットに向かって(直下)ゆっくりと下腿部を圧迫し、もう一方の手で踵を内側(足関節の内反)に捻ります。
4. 同様に反対側の膝関節も実施します。

足関節内反ストレステスト

足関節内反ストレステスト
(Inversion stress stability test-ankle)

結果の評価

足関節の動き(内反-外反)

足関節の動き(内反-外反)

このテストにより踵の内側へ動き(足関節の内反)が大きい場合は陽性反応とみなされます。
陽性の場合、前距腓靭帯、踵腓靭帯の損傷、及び断裂が疑われます。

参考

一般に足関節はもっとも捻挫が多発しやすい場所としても知られています。
捻挫のなかでも特に多発しやすいのが『内反捻挫』と呼ばれる捻挫です。
内反捻挫の多くは前距腓靭帯(ぜんきょひじんたい)、後距腓靭帯(こうきょひじんたい)、踵腓靭帯(しょうひじんたい)を損傷してしまいます。
内反捻挫を繰り返すことで足関節が不安定になってしまうので、いわゆる『捻挫癖』に陥ってしまうこともあります。

 

KindleBook

Arrow
Arrow
Slider

様々な骨と関節

骨や関節のトラブル

骨と関節の基礎知識

整形外科学検査法

骨や関節のトラブルとその原因

  1. 足のしびれ

    足の痺れや痛みが続く場合は神経が圧迫されている可能性も

    足の痺れ(しびれ)は誰しもが一度や二度は体験したことがあるのではないでしょうか? 特に日本人は古来…
  2. 自分に合わない靴を履き続けることによって起こる様々な弊害

    靴の形や大きさなどが自分の足にあっていないと身体に様々な悪影響を及ぼすことがあります。 特に足先が…
  3. 足トラブルの原因に!開張足とは

    自分でも気がつかないうちに『いつの間にか足にトラブルを抱えてしまっていた』という方は少なくないと思い…
  4. つま先立ちが出来ない!脚の親指が痛い!強剛拇趾とは

    一般的に足の親指が痛いという症状で真っ先に思い浮かぶのは外反母趾(がいはんぼし)だと思いますが、同じ…
  5. 準備運動は必ずしよう!アキレス腱断裂が起こる仕組みとその予防法

    アキレス腱とは下腿部にある下腿三頭筋(腓腹筋、ヒラメ筋の総称)と足根骨の一つ、踵骨(しょうこつ)とを…
  6. 女性ホルモンの関与も!?外反母趾の原因と弊害

    足の親指のトラブルで我々が最もよく耳にする症状と言えば、『外反母趾(がいはんぼし)』ではないでしょう…

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
フィットネスクラブ、体育施設、大学などでトレーナーとして18年間活動してましたが、約10年前にカイロプラクターとして第二の人生を歩み出しました。
そして2016年4月に第三の人生を歩み出しました。

ページ上部へ戻る