マックマレーテスト(McMurray’s test)

マックマレー,半月板

マックマレーテスト(McMurray’s test)

目的

マックマレーテストはアプレイ圧迫テストと同様、大腿骨と脛骨間にある半月板が損傷しているかどうかを調べる検査方法です。
半月板は『歩く』『走る』『ジャンプ』をするといった運動動作を行う際、膝関節にかかる衝撃を和らげるクッションのような働きを持っています。

また、半月板は膝関節を安定させ、スムーズに膝関節の屈曲-伸展動作を行う際にとても重要な役割を果たしている軟骨組織でもあります。
このテストで陽性反応が出てしまった場合、半月板の損傷、断裂が疑われます。

実施方法

1. 患者さんを仰臥位にさせます。
2. 検者は患者さんの患側に立ち、患者さんの患側下肢の股関節及び膝関節を約90°に屈曲させます。
3. このとき検者は一方の手で患者さんの踵(かかと)を包み込むように把握し、他方の手の母指、示指(人差し指)、中指(なかゆび)を使い、患者さんの膝関節の関節裂隙(かんせつれつげき:大腿骨と脛骨間のこと)に指先を当てます。

マックマレー,半月板

マックマレーテスト(McMurray’s test)
※写真は外旋動作

4. 検者は患者さんの下腿部を外側に捻るように外旋(外側に捻る)させながらゆっくり股関節及び膝関節の屈曲-伸展動作を何度か繰り返します。
5. その状態のまま今度は内側に捻るように内旋(内側に捻る)させながらゆっくり股関節及び膝関節の屈曲-伸展動作を何度か繰り返します。
6. 同様に反対側の膝関節も実施します。

結果の評価

下腿部の外旋させたまま膝関節の伸展動作をおこなった際に患者さんが痛みを訴えたり、クリック音(パキッ、ポキンなど)がした場合は内側の半月板損傷、及び断裂が疑われます。
また、下腿部の内旋させたまま膝関節の伸展動作をおこなった際に痛みを訴えたり、クリック音がした場合は外側の半月板損傷、及び断裂が疑われます。
先に紹介したアプレイテストとマックマレーテストで陽性反が出た場合はほぼ半月板損傷が疑われます。
直ちに医療期間にいかれることをお勧めします。

参考

膝関節の構造

膝関節の構造

半月板は関節の中央部を通る靭帯(前十字靭帯、後十字靭帯)によって内側と外側に2分されています。
内側の半月板は関節包を介して内側側副靭帯や半膜様筋と繋がっているため可動性が少ないという特徴があり、体重がかかった状態で膝を捻る動きをしたときに痛めやすく、内側側副靭帯(ないそくそくふくじんたい)や前十字靭帯(ぜんじゅうじじんたい)の損傷をともなうことが多い場所として良く知られています。

関連記事

  1. ファレンテスト

    ファレンテスト(Phalen’s test)

  2. ダウバーン徴候

    ダウバーン徴候(Dawbarn’s test)

  3. サポーテッドアダムポジション

    サポーテッドアダムポジション(Supported Adam’s position)

  4. トレンデレンブルグテスト

    トレンデレンブルグテスト(Trendelenburg’s test)

  5. 片足立ち腰椎伸展テスト

    片足立ち腰椎伸展テスト(One leg standing lumber extension test)

  6. ロックウッドテスト

    ロックウッドテスト(Rockwood’s test)

様々な骨と関節

骨や関節のトラブル

骨と関節の基礎知識

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
都内でトレーナーとして約20年活動し、その後、カイロプラクターとして約10年活動していました。
現在はフリーランスで活動していて主に健康や運動に関する情報を発信しています。

公式サイト:
https://shinichi-sato.info/

Kindle Book