梨状筋症候群の原因と改善法について

いわゆる背骨は椎骨と呼ばれる24個の骨が積み木のように重なって脊柱を形成しています。
この椎骨と椎骨の間には椎間板とよばれる軟骨があり、普段はクッションの役割をはたしています。
しかし、老化や激しい運動などで椎間板が外に飛び出してしまい、神経を圧迫し、激しい痛みやしびれを引き起こすことがあります。

このように、腰痛やお尻の痛み、足先に放散する痛み、シビレ、足に力が入らなくなった状態を腰椎椎間板ヘルニアと言います。
しかし、腰椎椎間板ヘルニアというわけでもないのに、常に臀部の奥から太ももの裏側にかけて痛みやシビレを感じている人は少なくありません。
そのような場合は、一度、梨状筋症候群(りじょうきんしょうこうぐん)を疑う必要があります。

なぜ梨状筋症候群になってしまうのか?

梨状筋(りじょうきん)という筋肉をご存じの方は少ないと思います。
梨状筋とは臀部を構成する筋肉の一つで臀部の深部にある筋肉(いわゆるインナーマッスル)です。
実はこの梨状筋と坐骨神経の間には密接な関係があり、梨状筋に問題があるとその同側の坐骨神経に問題があるケースが多く見られます。
梨状筋症候群の症状は先にも述べたとおり臀部から大腿部後面にかけての痛みとシビレですが、特に臀部の奥がビリビリした神経的な痛みが慢性的に続きます。
このような症状から腰椎椎間板ヘルニアと独自に判断する人が多いのですが、特徴は椎間板ヘルニアのように腰部の痛みを伴いませんし、痛みやシビレが膝までで下腿部や足部に及ぶことはありません。
勿論、梨状筋症候群の方がいくら椎間板ヘルニアの治療を行ったとしても一向に改善されることはありません。

梨状筋と坐骨神経

梨状筋と坐骨神経

そもそもなぜ、梨状筋に問題があると坐骨神経の症状が現れる可能性があるのでしょうか?
ここで図を見ていただきたいと思います。

本来、坐骨神経は梨状筋の下を通っており、梨状筋が坐骨神経を圧迫することは少ないのですがスポーツ選手、特にランニングなどの股関節の屈伸運動を頻繁にされる人や立ち仕事、車の運転など長時間同じ姿勢をとっている人、臀部の筋肉が異常に拘縮(こうしゅく)している人は梨状筋が坐骨神経を圧迫し坐骨神経痛の症状を引き起こしてしまうことがあります。
また、先天的に梨状筋が坐骨神経を圧迫しやすい方もいます。
急性の梨状筋症候群は安静にするのが先決ですが、痛みが特にひどい場合は神経ブロックや時には梨状筋を切断し、坐骨神経の圧迫を軽減させる手術が用いられることがあります。
慢性的な梨状筋症候群の場合はストレッチを行うことで症状が解消される場合もあります。

梨状筋ストレッチ

梨状筋拘縮側の筋肉の割り出し方

梨状筋拘縮側の筋肉の割り出し方

梨状筋拘縮側の筋肉の割り出し方にはヒブテスト(整形外科的検査法の一種)などがありますが、一人で判断することが困難なので一人で判断する場合には仰向けになり足先がより外側に向いている方が左右どちらなのかを判断します。

より足先が外側に向いている側の方が梨状筋をはじめとする臀部の筋肉が硬くなっている可能性があるのでそちら側をストレッチすると効果的です。
既に臀部の不快感や坐骨神経痛の症状が出ている方はその症状が出ている側の梨状筋をストレッチすると良いでしょう。
また、カイロプラクティックや整体などで施術をしてもらった際、『脚が短い』と言われた側の臀部が通常拘縮している可能性が高いのでそちら側の臀部をストレッチすると予防にも繋がります。

梨状筋のストレッチ

梨状筋のストレッチ

  • 背筋を伸ばし足首を反対側の膝に乗せます。(拘縮側の臀部)
  • 肩の力を抜いて、軽く膝の上と足首に手を添え、肘で膝を軽く押さえます。このとき可能であれば乗せた足が地面と水平になると理想的です。
梨状筋のストレッチ

梨状筋のストレッチ

  • このままゆっくりと背筋を伸ばしたまま身体を前傾します。
  • 痛みのない範囲で、左右20~30秒を目安に行ってください。

関連コンテンツ

様々な骨と関節

骨や関節のトラブル

骨と関節の基礎知識

KindleBook

Arrow
Arrow
Slider

骨や関節のトラブルとその原因

  1. つま先立ちが出来ない!脚の親指が痛い!強剛拇趾とは

    一般的に足の親指が痛いという症状で真っ先に思い浮かぶのは外反母趾(がいはんぼし)だと思いますが、同じ…
  2. 準備運動は必ずしよう!アキレス腱断裂が起こる仕組みとその予防法

    アキレス腱とは下腿部にある下腿三頭筋(腓腹筋、ヒラメ筋の総称)と足根骨の一つ、踵骨(しょうこつ)とを…
  3. 女性ホルモンの関与も!?外反母趾の原因と弊害

    足の親指のトラブルで我々が最もよく耳にする症状と言えば、『外反母趾(がいはんぼし)』ではないでしょう…
  4. 足の裏や指が痛むモートン病、原因や治療方法は?

    モートン病は、足の裏や足の指(第2足趾~第4足趾)にしびれや痛みが伴う神経疾患です。 日頃からつま…
  5. 足の小指にタコやウオノメが繰り返し出来る内反小趾とは?

    足の親指のトラブルで我々がよく耳にする症状と言えば、『外反母趾(がいはんぼし)』ではないでしょうか?…
  6. 足の裏の痛みはどのようにして起こるのか?-ハイアーチ(凹足)-

    ハイアーチ(凹足)とは足の甲が極端に高く、立位の時には土踏まずの部分が地面に接していない状態をいいま…

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
フィットネスクラブ、体育施設、大学などでトレーナーとして18年間活動してましたが、約10年前にカイロプラクターとして第二の人生を歩み出しました。
そして2016年4月に第三の人生を歩み出しました。

ページ上部へ戻る