変形下肢拳上テスト Ⅳ

変形下肢拳上テスト Ⅳ

目的

下肢拳上テスト(SLR)で陽性反応が出た場合、更にその痛みが神経根の刺激によるものか、あるいは下肢の神経の刺激によるものかを判別する必要があります。
そのため変形下肢拳上テスト Ⅰ~Ⅳを用いてどの部位が原因になっているのかを詳しく調べます。

実施方法

1.患者さんを仰臥位にさせます。
2.術者は患者さんの患側に立ち、患者の踵を包み込むように持ちます。
3.膝関節を伸展させたまま徐々に股関節を屈曲させます。
4.患者さんが痛みを訴えたところで下肢の挙上動作を停止します。

変形下肢拳上テスト Ⅳ

変形下肢拳上テスト Ⅳ

5.痛みを感じたところから5°だけ下肢を下げます。
6.その位置から術者は患者さんの様子をみながら更に股関節を外旋させます。

結果の評価

  • この検査方法で陽性反応が生じた場合、痛みや痺れは神経根の刺激によるものではなく、下肢の神経の刺激によるものと疑うことができます。

参考

  • 変形SLR Ⅳでは股関節を外旋させ梨状筋を弛緩させることで神経症状に変化が出るかどうかを見ます。
    もし神経症状が消失したなら梨状筋の拘縮による坐骨神経痛と判断することができます。



KindleBook

previous arrow
next arrow
Slider

様々な骨と関節

骨や関節のトラブル

骨と関節の基礎知識

骨や関節のトラブルとその原因

  1. 足のしびれ

    足の痺れや痛みが続く場合は神経が圧迫されている可能性も

  2. 自分に合わない靴を履き続けることによって起こる様々な弊害

  3. 足トラブルの原因に!開張足とは

  4. つま先立ちが出来ない!脚の親指が痛い!強剛拇趾とは

  5. 準備運動は必ずしよう!アキレス腱断裂が起こる仕組みとその予防法

  6. 女性ホルモンの関与も!?外反母趾の原因と弊害




運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
都内でトレーナーとして約20年活動し、その後、カイロプラクターとして約10年活動していました。
現在はフリーランスで活動していて主に健康や運動に関する情報を発信しています。

公式サイト:
https://shinichi-sato.info/

ページ上部へ戻る