頚椎圧迫テスト:スパーリングテスト(Cervical compression test:spurling)

頚椎圧迫テスト

頚椎圧迫テスト:スパーリングテスト(Cervical compression test:spurling)

目的

頚椎圧迫テストは文字通り頚椎を圧迫するテストです。
頚椎圧迫テストには大きく『ジャクソンテスト』、『スパーリングテスト』の2種類があります。
手などに痺れがあり、神経根症が疑われる場合に用います。

頚椎の椎骨と椎骨の間には椎間孔(ついかんこう)と呼ばれる神経の通り道があります。
もし、そこに何かしらの問題が生じ、神経の通り道が狭くなってしまうと神経根が圧迫され患側上肢に痺れがでてしまいます。
痺れがある方に対し、このテストを実施するとさらに神経根が圧迫されるので痺れ(放散痛)が増強します。
この圧迫テストにより患側上肢に痺れが増強した場合は陽性で『神経根症』が疑われます。

実施方法

1. 患者さんをイスやベットなどに座らせます。このとき検者は患者さんの背後にたちます。
2. 検者は患者さんに頭部を少し反らし(頚部伸展)、且つ、患側上肢(写真の場合は左側に痺れがあることを想定しています)側に頭部を側屈(横に倒す)するように指示します。
3. 検者は患者さんの頭頂部に手の平をおきます。

頚椎圧迫テスト

頚椎圧迫テスト:スパーリングテスト
(Cervical compression test:spurling)

4. 検者はそのまま手の平でベットに向かって(直下)ゆっくりと圧迫を加えます。

結果の評価

このテストにより患側上肢に神経症状が増強した場合は後部椎間関節の異常や神経根症状が疑われます。

関連記事

  1. ダウバーン徴候

    ダウバーン徴候(Dawbarn’s test)

  2. ロックウッドテスト

    ロックウッドテスト(Rockwood’s test)

  3. アドソンテスト

    アドソンテスト(Adson’s test)

  4. トレンデレンブルグテスト

    トレンデレンブルグテスト(Trendelenburg’s test)

  5. サポーテッドアダムポジション

    サポーテッドアダムポジション(Supported Adam’s position)

  6. 足関節内反ストレステスト(Inversion stress stability test-ankle)

様々な骨と関節

骨や関節のトラブル

骨と関節の基礎知識

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
都内でトレーナーとして約20年活動し、その後、カイロプラクターとして約10年活動していました。
現在はフリーランスで活動していて主に健康や運動に関する情報を発信しています。

公式サイト:
https://shinichi-sato.info/

Kindle Book