痛風と症状は似ているが原因が全く異なる偽痛風とは

偽痛風,CPPD

高齢者はこれといった原因もないのに突然、身体のあちこちの関節が痛みだすという体験をすることがあります。
関節の痛みの病気としては『関節リウマチ』『痛風(つうふう)』などが有名ですが、ときには血液検査を行ったとしても何ら異常が見当たらず関節が痛みだしてしまうこともあります。

関節リウマチは関節を形作る軟骨や骨が破壊されて最終的には関節までもが変形してしまうという病気です。
腫れや激しい痛みを伴い、関節を動かさなくても関節に痛みが出るのが特徴です。

一方、痛風は血液中に尿酸が増加することにより発症してしまう病気です。
痛風は一般に40〜50代の男性で、肉や酒を好み、そして食べ過ぎてしまうという方によく見られます。
放置すれば関節のみならず、腎臓などにも負担がかかるので、痛風になってしまったら長期間にわたる専門的な治療が必要となります。

痛風と症状は似ているが原因が全く異なる偽痛風とは?

このように関節の痛みとしては『関節リウマチ』や『痛風』が有名ですが、これとは全く異なる『偽痛風(ピロリン酸カルシウム結晶沈着症;CPPD)』と呼ばれる病気があります。
『偽痛風(ぎつうふう)』と呼ばれることから察しがつくと思いますが、『偽痛風』は痛風とは似て非なる病気です。
痛風のように関節が激しく痛みは生じますが、病気になる原因が痛風とは全く異なるので治療方法も偽痛風のための治療法を施さなければいけません。
因みに『痛風』は関節部分に『尿酸(にょうさん)』が蓄積し、結晶化することで、それを白血球が攻撃して炎症を引き起こし痛みが生じてしまいます。
一方、偽痛風は『ピロリン酸カルシウム』の結晶が関節の軟骨組織にくっついて、それが剥がれ落ちて血中に漂うことにより、白血球がそれを攻撃して炎症を引き起こし痛みが生じてしまいます。
尿酸が蓄積するのは、食生活が大きく影響を与えるとされていますが、実は『ピロリン酸カルシウム』はどうして結晶化して関節に沈着してしまうのか?ということが未だ明らかになっていません。
仮説としては加齢や遺伝が関係しているのではないか?という可能性があるくらいです。
そもそも『ピロリン酸』は代謝の過程できる物質で、若く健康な体なら通常は肝臓で分解されてしまいます。
しかし、年齢を重ねると徐々に分解しきれなくなり、体内の中で『ピロリン酸』が増えていってしまうのです。
そうしているうちに血液の中にあるカルシウムと結びついて結晶ができてしまい、それが関節の軟骨に沈着して関節痛へと発展して行ってしまうのです。(結晶は関節の軟骨に沈着しやすい特徴があります)
通風は尿酸値が高くなりがちな男性に多いのですが、偽痛風は男女差に関係なく60歳以上の高齢者に多くみられます。
なお、偽痛風になったからといって、すぐに関節の痛みが出るというわけではありません。
偽痛風の状態を更に詳しく調べるとおよそ50%は無症候、つまり、痛みを発症しないまま日常生活を送ってしまっているのです。
そしておよそ25%の人たちが、痛風のように激しい痛みを感じることになり、このときにはじめて『偽痛風』という病名がつけられます。
他にも偽痛風が悪化して、『変形性関節症(へんけいせいかんせつしょう)』を引き起こしてしまうこともあります。

偽痛風になってしまった場合の治療法

それでは偽痛風になってしまった場合、どのような治療が用いれらるのでしょうか?
現在のところ痛みが出たときに痛み止めを使って痛みをしのぐか、ステロイド性抗炎症薬を関節に注射して炎症を鎮めるといった対症療法しかありません。(2017年11月1日現在)
どうしても痛みを取り除きたいというのであれば、外科手術で骨を削って代わりに金属などで出来た人工の骨を取り付けるという方法くらいしかありません。
とても大掛かりな手術となりますから、長期入院が必要ですし、関節を動かせるようになるためにこれもまた長期に渡りリハビリが必要になります。
よって、この手術は体力の衰えた高齢者がそう簡単にできる治療法とは言えないと思われます。
治療はすぐに終わるようなものではないでしょうが、常に病状の変化を医師が把握できる状況であれば、適切な処置が行われます。

参考文献:慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト

KindleBook

Arrow
Arrow
Slider

様々な骨と関節

骨や関節のトラブル

骨と関節の基礎知識

骨や関節のトラブルとその原因

  1. 足のしびれ

    足の痺れや痛みが続く場合は神経が圧迫されている可能性も

    足の痺れ(しびれ)は誰しもが一度や二度は体験したことがあるのではないでしょうか? 特に日本人は古来…
  2. 自分に合わない靴を履き続けることによって起こる様々な弊害

    靴の形や大きさなどが自分の足にあっていないと身体に様々な悪影響を及ぼすことがあります。 特に足先が…
  3. 足トラブルの原因に!開張足とは

    自分でも気がつかないうちに『いつの間にか足にトラブルを抱えてしまっていた』という方は少なくないと思い…
  4. つま先立ちが出来ない!脚の親指が痛い!強剛拇趾とは

    一般的に足の親指が痛いという症状で真っ先に思い浮かぶのは外反母趾(がいはんぼし)だと思いますが、同じ…
  5. 準備運動は必ずしよう!アキレス腱断裂が起こる仕組みとその予防法

    アキレス腱とは下腿部にある下腿三頭筋(腓腹筋、ヒラメ筋の総称)と足根骨の一つ、踵骨(しょうこつ)とを…
  6. 女性ホルモンの関与も!?外反母趾の原因と弊害

    足の親指のトラブルで我々が最もよく耳にする症状と言えば、『外反母趾(がいはんぼし)』ではないでしょう…

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
フィットネスクラブ、体育施設、大学などでトレーナーとして18年間活動してましたが、約10年前にカイロプラクターとして第二の人生を歩み出しました。
そして2016年4月に第三の人生を歩み出しました。

ページ上部へ戻る