頚椎症,痺れ

首の骨は『頚椎(けいつい)』と呼ばれ、立方骨である椎骨(ついこつ)が7個連なって形成されています。
多少、個人差はあるものの、およそ約5kgの頭部をこの頚椎が支えているのです。

椎骨と椎骨の間には椎間板(ついかんばん)と呼ばれる衝撃を和らげるクッションのようなものがあり、この椎間板の働きによって頚椎同士の摩擦や脊柱に掛かる負担を軽減させることができます。

しかし、加齢や長期に渡り頚椎に負担を掛け続けることで

  1. 椎間板が磨耗してしまう
  2. 椎間板や頚椎が変形してしまう
  3. 頚部周辺の靭帯が肥厚し、硬化してしまう
  4. 頚椎の椎骨部分に『骨棘(こつきょく)』と呼ばれる突起物が形成されてしまう

などの様々な変化が現れるようになり、やがて、これらが原因で頚部や肩部、上腕部、前腕部、手部などに痛みや痺れなどの症状が現れてしまうことがあります。
これを俗に『頚椎症(変形性頚椎症)』といいます。
頚椎症自体は病気ではないのですが、上記に記載したことが原因で、首や肩、腕などに痛みや痺れなどの症状を発症してしまった時点で初めて病気と診断されます。
外傷以外の頚椎症の発症原因は主に頚椎の加齢による椎間板の変性(老化現象)や靭帯が肥厚することによるものです。
よって、頚椎症は誰しもが発症してしまう可能性がある病気と言えます。
頚椎症は障害される部位により更に『頚椎症性脊髄症(けいついしょうせいせきずいしょう)』『頚椎症性神経根症(けいついしょうせいしんけいこんしょう)』に分類することができます。

頚椎症の種類と主な症状

1. 頚椎症性脊髄症(けいついしょうせいせきずいしょう)
頚椎症性脊髄症(けいついしょうせいせきずいしょう)とは、加齢により椎間板の変性が進み、椎骨の一部が棘(とげ)状に大きくなったり(骨棘)、靭帯(じんたい)が肥厚することで、脊柱管にある脊髄神経が圧迫され四肢に痛みや痺れなどの症状がでてしまう疾患のことです。
主な症状としては『手が痺れる』『肘や肩が動かしにくい』『足が痺れる』『歩きにくい』『転びやすい』などがあります。
その他に尿や便が出にくいといった、排泄面の症状があらわれることもあります。
更に症状が進行すると手足に麻痺が出てしまい、その麻痺により『手先の動きが悪くなる』『箸がスムーズに使えない』『洋服のボタンの着脱ができない』『字が上手く書けない』などの『巧緻運動障害(こうちうんどうしょうがい)』を発症してしまうこともあります。(要するに細かい作業ができにくくなるという意味です)
このように頚椎症性脊髄症は脊髄神経という全身に関わる大きな神経に問題が起こるので、深刻な症状が現れるようになるのです。
保存療法を続けているだけでは症状の改善が見られないことが多いので、次第に日常生活にも大きな支障をきたすようになります。
痛みが強く、症状が重い場合は脊髄神経の圧迫をとるための手術を行う必要があります。
手術の内容は主に変形した椎間板や骨棘を除去するなどして、脊髄神経の圧迫を取り除くというものです。

2. 頚椎症性神経根症(けいついしょうせいしんけいこんしょう)
頚椎症性神経根症とは、頚椎の変形(椎間板ヘルニア、骨棘形成)などにより脊髄神経から分かれた神経根が圧迫されると起こる病気で主に片側に痛みや痺れが生じる疾患です。
主な症状は『首、腕、手、指先の痛みや痺れ』『動かしにくい』『力があまり入らない』『首を反らせる(頚部の伸展動作)と痛い』などが挙げられます。
治療としては、主に保存療法が用いられ、ときに頚椎カラーを使って安静を保つこともあります。(医療機関で頚部を牽引して圧迫している神経の負担を軽減させる方法を用いられることもあります)
痛みに対しては消炎鎮痛剤を使いますが、痛みが強い場合は神経ブロックを行うこともあります。
頸椎症性神経根症は自然治癒することもありますが、症状が一向に改善されず、日常生活に問題が出てしまうようなら手術が用いられることもあります。

首や肩に痛みや不快症状がある場合はまずは医療機関に足を運ぶこと!

このように頚椎症性脊髄症頚椎症性神経根症も治癒までに非常に時間のかかる病気です。
なので、焦らずじっくりと治療を続けていくことが何よりも大切になります。
傷病の種類及び症状の進行具合によってはカイロプラクティック整体が有効の場合もありますが、そのあたりは素人判断をせず、先ずは最寄の医療機関に相談するようにしてください。

KindleBook

Arrow
Arrow
Slider

様々な骨と関節

骨や関節のトラブル

骨と関節の基礎知識

骨や関節のトラブルとその原因

  1. 足のしびれ

    足の痺れや痛みが続く場合は神経が圧迫されている可能性も

    足の痺れ(しびれ)は誰しもが一度や二度は体験したことがあるのではないでしょうか? 特に日本人は古来…
  2. 自分に合わない靴を履き続けることによって起こる様々な弊害

    靴の形や大きさなどが自分の足にあっていないと身体に様々な悪影響を及ぼすことがあります。 特に足先が…
  3. 足トラブルの原因に!開張足とは

    自分でも気がつかないうちに『いつの間にか足にトラブルを抱えてしまっていた』という方は少なくないと思い…
  4. つま先立ちが出来ない!脚の親指が痛い!強剛拇趾とは

    一般的に足の親指が痛いという症状で真っ先に思い浮かぶのは外反母趾(がいはんぼし)だと思いますが、同じ…
  5. 準備運動は必ずしよう!アキレス腱断裂が起こる仕組みとその予防法

    アキレス腱とは下腿部にある下腿三頭筋(腓腹筋、ヒラメ筋の総称)と足根骨の一つ、踵骨(しょうこつ)とを…
  6. 女性ホルモンの関与も!?外反母趾の原因と弊害

    足の親指のトラブルで我々が最もよく耳にする症状と言えば、『外反母趾(がいはんぼし)』ではないでしょう…

運営者情報


当サイトの編集長の佐藤伸一(さとうしんいち)です。
フィットネスクラブ、体育施設、大学などでトレーナーとして18年間活動してましたが、約10年前にカイロプラクターとして第二の人生を歩み出しました。
そして2016年4月に第三の人生を歩み出しました。

ページ上部へ戻る