ミルグラムテスト(Milgram’s test)

ミルグラムテスト

ミルグラムテスト(Milgram’s test)

目的

椎間板ヘルニアの検査には下記のように何種類かのテストがあります。

これらのテストは術者が患者さんの足を持ち上げるなどして検査する方法で、検査は他動的(他人の力を利用してという意味、この場合の他人の力とは術者のことです)に行われます。
それに対しミルグラムテストは患者さん自らの意思で行う自動的なテストになります。
両膝を伸ばしたまま両足をベットから10cmほど持ち上げ、可能な限りこの姿勢を保つように指示します。
この状態を維持することができないか、あるいはテストの早い段階で疼痛が起きてしまったら陽性反応で、『腰椎椎間板ヘルニア』で脊髄が圧迫されていることが疑われます。
一般に腰椎椎間板ヘルニアの患者さんの場合はこのテストを行うのが困難なことが多いようです。

実施方法

1. 患者さんを仰臥位にさせます。
2. 検者は患者さんに両膝を伸ばしたまま、両足を揃えながら踵を床から15~20cmの高さまで持ち上げるように指示します。

ミルグラムテスト

ミルグラムテスト(Milgram’s test)

結果の評価

このテストで患者さんが5~7.5cmしか足が持ち上げられない、あるいは30秒以上腰痛を引き起こさずに持続するのが不可能であれば陽性反応とみなされます。
陽性の場合、腰椎椎間板ヘルニアが疑われます。

参考

ミルグラムテストは腹直筋の筋力が正常に機能しているかどうかを調べるときに使われることもある整形外科学検査法です。
腹直筋のサポート力が低下していたり、股関節屈筋でもある大腿直筋、腸腰筋が固い方だとこれらのテストの実施は困難になります。

関連記事

  1. 足関節内反ストレステスト(Inversion stress stability test-ankle)

  2. ファレンテスト

    ファレンテスト(Phalen’s test)

  3. トレンデレンブルグテスト

    トレンデレンブルグテスト(Trendelenburg’s test)

  4. サポーテッドアダムポジション

    サポーテッドアダムポジション(Supported Adam’s position)

  5. ダウバーン徴候

    ダウバーン徴候(Dawbarn’s test)

  6. ダブルレッグレイズ

    ダブルレッグレイズテスト(Double leg raise test)